「凪のお暇」話題の中心は高橋一生?中村倫也?それとも…人気記事BEST5を発表

TV 公開日:2019/08/30 33
この記事を
クリップ

黒木華主演のドラマ『凪のお暇』(TBS・毎週金曜よる22時~)。コナリミサト原作の同名漫画を実写化した本作は、「1時間はやすぎる」「久々に面白いと思えるドラマ」「毎話、心に刺さりまくる」「キャストみんな可愛く見えちゃう」など、放送のたびにトレンドを賑わせ、番組公式Twitterのフォロワー数は16万5000人を突破(※8/29現在)。“空気”というテーマを中心に、主人公・大島凪(黒木華)の成長に共感者続出、元彼・慎二(高橋一生)と隣人・ゴン(中村倫也)という“やべぇ”男2人の魅力が全開、さらに脇役たちの名言・名演も合わさり、ますます盛り上がりを見せている。


ドワンゴジェイピーnewsではこれまで、ドラマ『凪のお暇』に関連するニュースやコラム記事を多数掲載。物語が後半へ突入するにあたり、これまで掲載した記事のアクセスランキングBEST5を算出。ランキングとともに名シーンをふりかえってみたい。



第5位:高橋一生は怪演 中村倫也は“反則”「凪のお暇」にハマる人続出中(7月27日掲載)

https://news.dwango.jp/tv/39647-1907

第2話後に掲載したコラム記事が5位にランクイン。第2話では、凪(黒木華)にゴン(中村倫也)が急接近。公園での2人バーベキューではのんびり美味しい空気を吸っていたかと思いきや、他人との距離感0のゴンが、突然寝転がった凪に馬乗りになり「可愛い」と微笑むシーンが。これには「反則」「胸キュン」などと視聴者大興奮となった。



一方で、凪に対して不器用な慎二(高橋一生)は、アパートの住人たちとトランプのババ抜きをしている時も、凪の空気を支配するような辛辣な言葉を浴びせる。しかし、緑(三田佳子)の「男女の悲劇の引き金はね、いつだって“言葉足らず” 」という言葉を胸になんとか素直になろうとしたのだが、結局素直になれず不意にキスしたあげく心無い言葉を口走り、お決まりのボロ泣きシーンへ。凪とのすれ違いが明らかになったり、第1話に続き2週連続で号泣した慎二の姿、そして目のすわった表情やインターホンの連打など怪演とも言える高橋一生の芝居で、「ただのクズから愛すべきクズへ昇格」との声も上がった。






第4位:「凪のお暇中村倫也が覚醒?爆笑掛け合いにツッコミ&悶絶の声(8月17日掲載)

https://news.dwango.jp/tv/40321-1908

“メンヘラ製造機”と言われていたゴン(中村倫也)が、凪(黒木華)によって“ちぎりパン”と例えられた第5話記事が4位にランクイン。凪はゴンへの闇堕ちから卒業し、別れを告げるシーン。独特の凪語録にペースを乱され、きょとんとしながら「ごめん、ちょっと何言ってるかわからない」と発言するゴンに、視聴者は「サンドイッチマンかよ」「(素の)中村倫也出た」などと大いに盛り上がった。  






第3位:「凪のお暇中村倫也の“やべぇ”ラブシーンに騒然、闇深き高橋一生派も増加(8月3日掲載)

https://news.dwango.jp/tv/39878-1908

早くも急展開、凪とゴンの刺激的なラブシーンで激震が走った第3話が3位にランクイン。それまでのふんわり癒しの空気から一変、凪とゴンの色気たっぷりのベッドシーンに「心臓もたない」「興奮で眠れない」などと悶絶の声が次々に投稿された。




一方、慎二(高橋一生)の家族の闇が明らかとなり、「空気読んでるだけ」「そこに俺はいないけど、ただただ相手にとって心地のいい言葉を返すだけの透明人間」という虚しい心情が吐露された後に、凪(黒木華)から、「慎二の外側だけ見てた」「私、慎二のこと好きじゃなかった」と別れを告げられた慎二。



結局強がりを言って、のちに3話連続で号泣。「不器用すぎて泣ける」などの声が上がり、応援派が高まりを見せた。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 43件)