「きのう何食べた?」ドラマアカデミー賞で4冠、主演男優賞を獲得したのは?

TV 公開日:2019/08/21 25
この記事を
クリップ

「週刊ザテレビジョン」8月30日発売号で、第101回ドラマアカデミー賞が発表された。最優秀作品賞に輝いたのはドラマ24「きのう何食べた?」。同作は主演男優賞(内野聖陽)、脚本賞、監督賞も獲得した。誌面では、内野聖陽西島秀俊の記念コメントほか、受賞者のインタビューが掲載される。

ドラマアカデミー賞は1994年に創設され、毎年4回、クールごとに開催。国内の地上波連続ドラマの中から、読者、審査員、TV記者の投票によって部門別のNO.1を決定している。

第101回は、ドラマ24「きのう何食べた?」が最優秀作品賞、主演男優賞、脚本賞、監督賞の4冠に。




また、「わたし、定時で帰ります。」の吉高由里子が主演女優賞、「インハンド」から濱田岳が助演男優賞、菜々緒が助演女優賞を受賞した。

受賞結果はwebサイト「ザテレビジョン」にて公開中だ。


【受賞結果】
最優秀作品賞=ドラマ24「きのう何食べた?
主演男優賞=内野聖陽 ドラマ24「きのう何食べた?
主演女優賞=吉高由里子わたし、定時で帰ります。
助演男優賞=濱田岳インハンド
助演女優賞=菜々緒インハンド
監督賞=中江和仁氏、野尻克己氏、片桐健滋氏 ドラマ24「きのう何食べた?
ドラマソング賞=菅田将暉「まちがいさがし」(「パーフェクトワールド 」主題歌)
脚本賞=安達奈緒子氏 ドラマ24「きのう何食べた?



★ドラマ「きのう何食べた?」コラム記事はこちら

涙と爆笑の最終回、1話と比較でさらにグッとくる

究極の愛が詰まった“背中”に深い感動

号泣回、愛おしくなる空気感とプラスの余韻 

神回へ導く、原作への絶妙な味付け

切ない回で出た実写の威力「役者の力凄い」

山本耕史&磯村勇斗の視線が…大爆笑のWデート


■「週刊ザテレビジョン」8/30号
表紙:嵐
定価:390円
発売日:2019年8月21日(水)
発行:株式会社KADOKAWA


最優秀作品賞 撮影=玉井美世子
主演男優賞 ©「きのう何食べた?」製作委員会
吉高由里子 撮影=石塚雅人
濱田岳 撮影=山下隼
菜々緒 撮影=下田直樹
監督賞 撮影=石塚雅人

この記事の画像一覧 (全 9件)