木村文乃&高杉真宙 暗闇の中で会見、停電トラブルに「クールダウンしろってこと?」

TV 公開日:2019/08/20 7
この記事を
クリップ

女優の木村文乃、俳優の高杉真宙が20日、都内のNHKで行われたドラマ「サギデカ」(8月31日スタート、後9:00~)試写会に出席した。会見が始まった数分後、NHKの一部の館内が停電になるハプニングが発生。暗闇の中で会見は続行された。


木村演じる特殊詐欺捜査を専門とする警部補・今宮夏蓮が振り込め詐欺グループの摘発に血肉を注ぐ姿を描くヒューマンドラマ。NHKドラマ初主演となる木村が「刑事ドラマは正義か悪だと思いますが、この作品は何を信じて貫き通すかというお話。何が正しいのかを主張するのが難しい」と熱弁しているところで、突如会場は真っ暗に。


木村は「なんや?サプライズがあるって聞いていない」と驚きつつ、「熱く語り過ぎちゃったからクールダウンしろってことなんですかね?」とお茶目に振る舞ったが結局最後まで電力は復旧せず。真っ暗な中で質疑応答が行われるイレギュラーな事態となった。


高杉は振り込め詐欺グループの実行犯「かけ子」として働き、今宮に捕まる男・加地を演じた。「詐欺はいけないことという大前提はあるのですが、加地が詐欺をせざるをえなかった状況を皆さんに知ってもらえるように必死にもがきながら撮影をした」と役作りを回想。劇中では人を騙す役だったが、「詐欺は巧妙な手口で作り込まれている。プロが騙すために練習をしていて、それは生きるためとか色んな理由がある。僕だったら騙されちゃうかな」と話した。




今宮が所属する警視庁捜査二課のメンバーを遠藤憲一鶴見辰吾眞島秀和足立梨花清水尋也が演じている。高杉は「警察チームがすごく仲良くて、僕はそれにびっくりだった。一人が多かったので僕も警察チームになりたかった。めちゃくちゃいいメンバーで、捜査二課になりたかったなぁ…」と羨ましげだった。


会見終盤、NHK側から渋谷区のエリアで停電があったことと、NHK館内のエレベーターが停止していることが伝えられた。写真撮影は電気がついていた場所へ移動して実施された。


同ドラマは連続5話。8月28日午後7時50分からBS4Kでも放送される。

この記事の画像一覧 (全 20件)