元AKB48の西野未姫、経験人数を聞かれたときのベストアンサーを発表

TV 公開日:2019/08/13 7
この記事を
クリップ

「AbemaSPECIALチャンネル」のレギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#123が8月12日夜9時より放送された。今回は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、モデルで女優の筧美和子、自称“ブス”メンバーに、元AKB48の西野未姫、お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが出演した。




オープニングトークでは、矢作に「川村さんは、もう30代最後?」と聞かれた、たんぽぽの川村が「そうです。39歳、最後の夏です。身を粉にして飲み会に行ってます」と返し、スタジオに笑いが起こる場面も。

また番組では、「場が凍りつく余計な一言」のトークテーマの中で、矢作からの「女性は経験人数を少なく言うんでしょ?」という問いかけに、“美人コメンテーター”として登場した筧は「嘘は言わないけど、本当に多くはないです」と回答。これに、おぎやはぎの2人が「じゃあ、何人くらいと言うのがちょうどいいと思う?自己プロデュースとして」と聞くと、暫く考えた末に、筧は「3人。架空ですよ」と答え、元AKB48の西野も「“付き合った人としかしたことない”が1番正解だと思います。嘘で言う人もいますよ。でも、そう言っておけば純粋な人と思われる」と、それぞれベストと思う回答を発表した。

また、番組恒例の自称“ブス”メンバーによる夏キャンプでは、ハプニングも続出。矢作さんが「信じられない」と口にした自称“ブス”メンバーたちの衝撃行動の数々は、「Abemaビデオ」で、続きをお楽しみいただきたい。

(C)AbemaTV

この記事の画像一覧 (全 5件)