三浦春馬へ、村上淳の特別な思いが「TWO WEEKS」で実現

TV 公開日:2019/08/13 7
この記事を
クリップ

三浦春馬が主演を務め、カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜夜9時から放送中のドラマ「TWO WEEKS」。

殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦春馬)が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンスだ。三浦春馬に加えて、結城を追う新米検事・月島楓役として芳根京子、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役として三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳が出演している。

13日(火)放送の第5話では、結城や柴崎の過去を知る男・室岡役として村上淳がゲスト出演。ある辛い過去を背負いながら一人息子・晴人(鳥越壮真)を育てる男を演じる。放送を前に、村上がコメントを寄せた。

撮影を振り返り、「まっすぐ視聴者めがけて制作する熱量のある現場でした。素敵な作品になっていると思います。第5話は、子供を思う気持ちが色濃く出る回なので、その部分を印象に残さなければと思いました。子役の方が素晴らしかったんで、僕が邪魔してなければいいなと思います」と謙遜まじりに語った村上。息子を一人で育てる室岡という役柄については、「僕自身も実生活で父親ですが、『父親である』ことは誰かの人生を背負っていることだと思います。なので、ある種の誇張した演技や、設定上そう見えるというのではなく、当たり前のように親が子を思うように、あまり気負わずにやろうと思いました」と振り返った。

さらに、主演の三浦春馬との共演については、特別な思いがあったそうで、「役者という道を選んでいる以上、三浦春馬くんはいつか共演したいと思う(役者の)なかでもトップクラスの人間でした。クランクイン前日、前々日も楽しみでしたし、実際現場では『こうしてもらっていいですか』『こういう風に出来ますよね』といった芝居の構築が、お互い出来たなと思います」と語った村上は、「今回こういうタイミングで、しかもこの役柄の関係性で共演できたのは、短い時間でしたけど幸せなことだなと思います」と満足げに振り返っていた。

そんな村上のコメントを受けて三浦春馬は、「僕が言うのもおこがましいですが、すごく柔軟な先輩だったので、臆することなく芝居について集中して話し合いました。エネルギーの塊のような方だったので、芝居からすごくもらうものが多かったですし、それを自分が打ち返すこともすごく勉強になる経験だなと思いながら芝居しました」と、うれしそうに語っていた。

結城と室岡の間に起こった8年前の因縁とは?数々の映画・ドラマで活躍してきた個性派俳優である村上が演じる父親像、そして父親として子供を守りたいという強い気持ちが交錯する結城と室岡のやりとりは必見。村上と三浦、2人の父親の迫真の表情に注目だ。




<第5話あらすじ>
有馬(三浦貴大)の発砲により、結城(三浦春馬)が海へ転落した。警察は逮捕のチャンスとばかりに必死になって行方を追うが、翌日になっても足取りはつかめず、水死の可能性も視野に入れ始める。一方で、楓(芳根京子)や柴崎(高嶋政伸)、すみれ(比嘉愛未)もまた、結城の行方をめぐり、それぞれ焦りと不安を覚える。

港に打ち上げられ、なんとか命拾いした結城は室岡峻治(村上淳)・晴人(鳥越壮真)親子に助けられる。目を覚ました結城は、ケガの手当てをしてくれた室岡に礼を言うが、その顔を見てハッとする。男は、9年前に柴崎の元から逃げ出し、結城が服役するきっかけを作った人物だったのだ――!

その頃、結城の安否が分からず絶望するすみれのもとに、楓が訪ねてくる。「真実を解き明かしたい」という楓の力強い言葉にわずかな望みをかけたすみれは、結城が電話で無実を訴えていたことを明かし、はな(稲垣来泉)のために、結城を助けてほしいと懇願。すみれの話から、結城の言葉の信ぴょう性が高いと判断した楓は、結城が逃げながら冤罪を晴らそうとしているのではないかと考えて……。


■作品概要
【放送枠】毎週火曜夜9時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
【原作】『S』(©MBC 脚本:ソ・ヒョンギョン)
【出演】三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉(子役) 近藤公園 鈴木仁 バッファロー吾郎A磯村勇斗 原沙知絵 池田鉄洋 ・ 高嶋政伸 黒木瞳 ほか
【主題歌】三浦春馬「Fight for your heart」(A-Sketch)
【オープニング曲】04 Limited Sazabys「Montage」(日本コロムビア)
【制作著作】カンテレ

(C)カンテレ

この記事の画像一覧 (全 7件)