「奪い愛、夏」第1話先行試写会開催、奪われたい派は91%

TV 公開日:2019/08/10 5
この記事を
クリップ

「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で、2019年8月8日(木)よる11時より8週に渡って放送が開始した
オリジナル連続ドラマ『奪い愛、夏』にて、第1話の先行「奪い、奪われ」試写会が開催され、水野美紀、小池徹平、松本まりかがトークショーに参加した。




初回放送の当日である8月8日(木)に抽選で当選した約60名と、第1話の先行試写&トークショーを開催した。トークショーには、水野美紀、小池徹平、松本まりかが参加し、『奪い愛、夏』にまつわるトークを繰り広げた。

試写会開始前に来場者にアンケートを実施。トークショーの中でアンケートの質問にあった「あなたは過去に奪った経験、奪われた経験はありますか?」という質問に対して、匿名で回答された方の中から一部エピソードを紹介した。「夫を知らない会社の若い女に奪われた」「ジムで見つけた年下の男の子を奪ってやった」などの、赤裸々な回答が紹介されると、水野は「知らない会社の若い女に奪われたって・・!?」小池は「生々しいですね・・!続きが気になる!」など現実で巻き起こったというエピソードに驚愕し、会場は盛り上がった。

その後、ドラマのタイトルにちなみ、「あなたはどちらかという”奪いたい派”ですか?”奪われたい派”ですか?」という質問に対しては、9%が”奪いたい派” 、91%が”奪われたい派”と回答。会場のほとんどが“奪われたい派”という結果に対して、「旦那さんを奪ってほしいですっていうことじゃないですよね?(笑)」と水野が話されると、「自分自身が奪いたいか奪われたいかということですよ~!」と松本がすかさず説明をすると会場は大きな笑いにつつまれた。

さらに、「3人はどちら派か?」と聞かれると、水野は「奪われたいですね。自分で決定権を持ちたくないので(笑)」と答え、小池は「奪うぐらいの熱い感情になるのを味わってみたいですけどね。」と話すと、「草食な感じで、肉食なこと言うね~!」と水野が突っ込み再び会場が笑いにつつまれた。松本は「奪われるほうが楽ですよね、でも奪ってみるほどの恋愛を経験してみたい気もしますね!」と話した。

試写会&トークショー終了後に取ったアンケートでは、100%が 「奪い愛、夏」1話が”面白かった”と回答。また、「続きが見たくなりましたか?」という質問に全員が「見たい」と回答し、特に”水野の1話目から振り切った怪演”や、”小池、松本のラブシーン”、”小手と水野のタッグ”が印象的だったと答える人が多く、「全部が面白かった!」「2話も絶対観ます楽しみです」などのコメントも多く寄せられた。

危険な愛の駆け引きに胸が高鳴り、その怪演に心が震える、日本ドラマ史上もっとも過激なクレイジー“狂愛“ドラ夏。この夏、恋愛ドラマの常識が変わる。

この記事の画像一覧 (全 3件)