「仮面ライダーゼロワン」変身音をMONKEY MAJIKが担当

TV 公開日:2019/08/05 6
この記事を
クリップ

宮城県在住のロックバンドMONKEY MAJIKのメイナード(Vo&G)とブレイズ(Vo&G)が、9月1日から放送の「仮面ライダーゼロワン」の変身音を担当することがわかった。

令和第1弾となる仮面ライダー「仮面ライダーゼロワン」はAI=人工知能がテーマ。主人公が社長をつとめるAI企業がサイバーテロリストにハッキングされ、自社が開発したAIロボが暴走。主人公は仮面ライダーゼロワンに変身し、人工知能技術を巡る戦いに挑む。




仮面ライダーゼロワンでは、変身ベルト「飛電ゼロワンドライバー」を用いて変身を遂げるが、メイナードとブレイズはこの声を担当する。昨年は俳優も経験した二人だが、今回の挑戦にも非常に意気込んでおり「子どもたちの永遠のヒーロー、しかも令和初の仮面ライダーに関わることができてとても光栄です。オファーをいただいた時、日本人のバンドメンバー・TAX(Drums)と DICK(Bass)の二人からも、絶対引き受けてね!とすごい熱量で後押しされて(笑)。4人揃ってライダーファンです。すごく素敵なチームと変身音を作っていて、現場に行くのがいつも楽しみ。」と話している。来年の結成20周年に向けて歩む彼らの多方面に渡る活動にも目が離せない。

「仮面ライダーゼロワン」の放送はテレビ朝日系で9月1日から毎週日曜午前9時から。

©2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映



   


   

この記事の画像一覧 (全 2件)