ドラマ「ヤヌスの鏡」主題歌、主演の桜井日奈子が自ら歌う

TV 公開日:2019/08/03 25
この記事を
クリップ

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、 2019年8月16日(金)0時00分より配信開始するFODオリジナル連続ドラマ『ヤヌスの鏡』の主題歌を、 主人公・小沢裕美(オザワ・ヒロミ)を演じる桜井日奈子が担当することが決定した。



 

本ドラマのために書き下ろされた楽曲のタイトルは『花と毒薬』。 ジャケット写真にもなっているヒロミのもう一つの人格・不良少女のユミが、 様々なしがらみに縛られながらも、 それに抗う心の叫びを表しているようなハードなロックナンバー。 

「鍵をかけて暗い闇に閉じ込めても 私は縛れない」など、 ドラマのストーリーを象徴するような歌詞が要所要所に散りばめられ、 桜井日奈子の力強くもクリアな歌声でドラマの世界観を表現している。楽曲プロデュースは、 インディーズであるにも関わらずアリーナ規模の会場を埋めるロックバンド『MY FIRST STORY』のShoが担当。初めてドラマの主題歌を歌うだけでなく、 初めて人前で歌を披露するという桜井日奈子からコメントが届いていた。

<桜井日奈子 (小沢裕美(ヒロミ・ユミ)役、 主題歌)コメント>
「初めて二重人格を演じた特別な作品で、 まさか私が主題歌を歌わせていただけるなんて驚きでした。 ユミの想いが詰まった歌詞とメロディのおかげで、 歌は得意ではないですが、 感情を込めて気持ちよく歌うことができました。 とても貴重な体験をさせていただきました。 私に歌わせてくださった全ての関係者の皆様に感謝したいです。 皆さまにドラマと共に楽しみにしていただけたら嬉しいです」

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ