水野美紀、ドラマ放送前に見せる狂気の行動が「癖になる」と反響

TV 公開日:2019/07/31 8
この記事を
クリップ

2019年8月8日(木)よる11時よりAbemaTVで放送が開始される、オリジナル連続ドラマ「奪い愛、夏」で主演の水野美紀演じる、敏腕女社長“花園桜”のInstagramアカウント「監視日記」に投稿された動画へ、多くの反響が寄せられている。

ドラマ「奪い愛、夏」は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平松本まりかの"豪華怪演陣"が一挙に集結し、「AbemaTV」だからこそ描ける、危険な愛のトライアングルに挑む、クレイジー“狂愛”ドラマ。

公開された動画は、「本日は休日出勤。ストレス解消。」と水野が無心でシャドーボクシングをしている様子や、「無能な秘書に、思わず感情が高ぶってしまいました。#使えない部下」と社長室で誰かと電話していると、途中で何かにキレ始め、持っていた資料を怒りながら机の上に叩きつける様子、「悪い芽は摘み取らなければいけませんね。」とドライフラワーに語りかけながら、「水分が残ってるわね~これは失敗。これも失敗。失敗。失敗。失敗。失敗。失敗。失敗。」と花をざくざくハサミで切っていく様子。




社長室で行われる行動の数々に、最初は「意味深で怖すぎる・・」「狂気の極み」など恐怖を感じるという声が多かったものの「ボクシングもできるんですか!意外性抜群でハマってます」「桜さんが気になりすぎてドラマ絶対観ます!」「癖になります!」「次の投稿も楽しみにしてます!」と投稿を重ねるにつれて、放送前から様々な姿を見せる水野が徐々に癖になり、放送を待ち遠しくしている声が数多く寄せられている。

AbemeTVでは、いよいよ来週8月8日(木)に迫った「奪い愛、夏」の放送開始を記念し、7月31日(水)より、「奪い愛、冬」のカウントダウン再放送が決定した。

「奪い愛、冬」は鈴木おさむが脚本を務め、テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演、ドロドロの愛憎劇がSNSなどを中心に爆発的に話題となった、ドロドロしてるけどキュンとするノンストップの恋愛ドラマ。同じく鈴木おさむが脚本を務め、「奪い愛、冬」を制作したテレビ朝日のプロデュースチームも脚本作りに全面協力している「奪い愛、夏」の放送開始を記念し、あす7月31日(水)より8月8日(木)の放送直前まで、毎日よる10時から1話ずつドラマチャンネルにて全話放送予定。

危険な愛の駆け引きに胸が高鳴り、その怪演に心が震える、日本ドラマ史上もっとも過激なクレイジー“狂愛“ドラ夏。この夏、恋愛ドラマの常識が変わるような本作品を、「奪い愛、冬」カウントダウン再放送と併せてチェックしてみよう。


■「奪い愛、夏
放送日程:8月8日(木)よる11時~
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
キャスト:
水野美紀(花園桜)
小池徹平(桐山椿)
松本まりか(空野杏)
小手伸也(土筆肇)
田中みな実(井川瞳)

菅原大吉
朝加真由美
大谷亮介
箕輪厚介

松岡里英
伊原葵
佐分利眞由奈
濱田准
吉本裕介
織田美織

制作著作:AbemaTV


(C)AbemaTV

この記事の画像一覧 (全 6件)