「TWO WEEKS」三浦春馬がコメント、大反響の主題歌パフォーマンスから一夜

TV 公開日:2019/07/25 8
この記事を
クリップ

三浦春馬が主演を務め、カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜夜9時から放送中のドラマ『TWO WEEKS』。

殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦春馬)が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンスだ。三浦春馬に加えて、結城を追う新米検事・月島楓役として芳根京子、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役として三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳が出演している。




このドラマの主題歌『Fight for your heart』を歌う三浦春馬が、24日(水)に生放送された「2019 FNSうたの夏まつり」で主題歌をテレビ初披露。圧巻の歌唱力と華麗なダンスによるパフォーマンスが大きな反響を呼び、現在もネット上で話題となっている。

25日(木)、ドラマの撮影に参加した三浦がコメントを寄せてくれた。本番前は「緊張で吐きそうでした、ホントに(笑)」と語った三浦だったが、「ただすごく良い経験になりましたし、達成感があります。また、城田(優)くんをはじめ、皆さんからねぎらいの拍手をいただき、今までにない喜びを感じました」と、パフォーマンス後のスタジオの様子を明かした。

SNS上でその歌唱力やダンスが大きな話題を呼んでいることについては、「ドラマに関心を持ってもらえるきっかけとなる表現になれば、という思いで始めたことなので、それはすごくうれしいですし、ドラマに興味を持ってもらう人が増えてくれたらいいなと思います」と、ドラマの座長としての思いも明かした。

一夜明け、再び暑い中での撮影が再開されたが、「作品への熱量は今までと変わらないのですが、自分の中で『FNS』での生歌唱はすごくプレッシャーで…(笑)。それを乗り越えたことで、改めてモノ作りに集中し、さらに現場を勢いづけられたらと思います」と、中盤に差し掛かった撮影に向けて抱負を語った。

30日(火)放送の第3話では、逃亡の手助けをしてくれた謎の男・灰谷(磯村勇斗)から、突然ナイフを向けられた結城のその後が描かれる。また、倍賞美津子がゲスト出演。結城の逃亡や決死の覚悟に大きな影響を与える人物を演じる。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連記事