「TWO WEEKS」三浦春馬の敵?味方?“謎の殺し屋”磯村勇斗が登場

TV 公開日:2019/07/23 8
この記事を
クリップ

三浦春馬が主演を務め、カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜夜9時から放送中のドラマ「TWO WEEKS」。

殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦春馬)が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンスだ。三浦春馬に加えて、結城を追う新米検事・月島楓役として芳根京子、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、結城を追い詰めていく刑事・有馬海忠役として三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳が出演している。

23日(火)放送の第2話からは、護送車から脱走した結城の逃亡劇が本格的にスタート。検問の網をかいくぐろうとするものの、結城は徐々に逃げ場を失っていく。追い詰められていく結城の脳裏には、殺人の濡れ衣を着せられた事件について「ある推察」が浮かび上がっていた。一方で、早穂子の口添えで事件の担当検事となった楓は、殺された愛(立花恵理)に預けたデジタルカメラに手がかりが隠されていると考え、その行方を追い始める。

第2話からは、磯村勇斗演じる謎の男・灰谷が登場。




警察に追われ、窮地を迎えた結城の前に突如現れた灰谷は、結城にとって敵なのか?味方なのか?「肉体的にも精神的にもダメージを与えられるよう、灰谷としてぶつかっていきたい」と語っていた磯村。灰谷との出会いが結城の逃亡に与える影響とは?

そして、30日(火)放送の第3話ゲストとして、倍賞美津子の出演が決定した。倍賞が演じるのは、結城が逃げ込んだ民家に住む北村義江。結城は、自分が逃亡犯であることに気付いた義江を後ろ手に縛るが…。義江との出会いもまた、灰谷と同様に結城の逃亡にとって大きな意味を持つことになる。撮影現場が感動に包まれたという、倍賞の迫真の芝居は必見だ。


■「TWO WEEKS」
毎週火曜夜9時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
出演:三浦春馬 芳根京子 比嘉愛未 三浦貴大 稲垣来泉(子役) 近藤公園 鈴木仁 バッファロー吾郎A ・
磯村勇斗 原沙知絵 池田鉄洋 ・ 高嶋政伸 黒木瞳 ほか
主題歌:三浦春馬『Fight for your heart』
オープニング曲:04 Limited Sazabys『Montage』
制作著作:カンテレ

(C)カンテレ

この記事の画像一覧 (全 2件)