磯村勇斗が語るサウナの魅力とは?「一度味わうと抜け出せない」

TV 公開日:2019/07/26 13
この記事を
クリップ

みなさんは“サ道”というものをご存じだろうか。それはサウナの道と書いてサ道。テレビ東京ドラマ25「サ道」(毎週金曜深夜0時52分~)はサウナ好きによる、サウナ好きのための物語である。

元々はタナカカツキによる“サウナ伝道漫画”をドラマ化した作品。この物語で主人公のナカタアツロウを演じるのは原田泰造。また彼のサウナ仲間、偶然さん役は三宅弘城。同じくサウナ仲間のイケメン蒸し男を磯村勇斗が扮する。

とんでもない役名だが、こちらはナカタアツロウが付けた愛称であるので決して名前ではない。そして磯村勇斗といえば、同クールで「TWO WEEKS」(カンテレ・フジテレビ系)にも出演しており、今、ノリにノッているイケメン俳優。そんな磯村勇斗に直撃インタビュー。




――最初に『サ道』の原作や脚本をご覧になった感想は?


「斬新だなって。サウナの話をドラマ化するなんて、まさに新しい試みじゃないですか。テレ東さんは攻めているなって感じましたし、即決でやりたいって思いました」


――撮影は、ほとんどがサウナ室。裸でいることが多かったんですか?


「裸でしたね(笑)。サウナ室は実際の温度よりも温度を下げて撮影をしていたんですが、原田さんと三宅さんと“ととのい”ながら、撮影をしていました。現場のスタッフさん含め、みなさん“ととのって”いたと思います」


――その“ととのう”というのは、どういう状態なんでしょうか?


「自らを開放する瞬間といいますか。言い方が難しいんですけど、シンプルに言ったら気持ちがいいってこと。サウナに入って、水風呂に浸かり、外気浴することで血中内の酸素がば~っとなって、ふわっとするような状態になることを“ととのう”って言うんです。これを求めて、みなさんサウナを訪れているんじゃないでしょうか。一度味わうと抜け出せない感覚ですね(笑)」

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)