中村倫也、渾身のモノマネ披露に黒木華&高橋一生大爆笑

TV 公開日:2019/07/15 26
この記事を
クリップ

女優の黒木華が、15日都内で行われた自身が主演を務めるドラマ「凪のお暇」(TBS系・19日22時~)の特別試写会・舞台挨拶に、俳優の高橋一生、中村倫也、宣伝大使のIKKOと登壇した。

本作は月刊誌「Eleganceイブ』(秋田書店)」で連載中のコナリミサトによる同盟漫画を実写化。いつも人の顔色を伺いながら周囲に合わせている28歳のOLの主人公が、自分の人生を見つめなおし、会社を辞め、住んでいたマンションも解約、彼氏とも別れ、人生のリセットを図ろうとするストーリー。




主人公・大島凪役の黒木華は、役と自身の共通点を「私もともと天パなんですよ」と明かし、高橋一生、中村倫也を驚かせた。

そんな凪の彼氏役・我聞慎二を演じる高橋一生は、自身の役について「慎二が現れる時のテーマはミザリーみたいで、ちょっとサイコな感じでした。回が進むごとに、慎二の闇がどう表現しているか楽しみ」と自身の役について語った。

中村倫也は、凪が新たな生活先に選んだアパートの隣に住む男・安良城ゴンを演じるが、演じた感想について「(部屋に)ゴーヤ多いなと思った」とコメント、さらに続けて高橋一生演じる慎二について「慎二やべぇ。きっとこれ、放送されたとき#慎二やべぇが流行るのではないかな」と話し会場を沸かせた。


撮影での失敗談を質問されると、中村倫也は「やるモノマネが滑っている。ぼくが嬉々としてとしてやるんですが、それが全然似てなくて。それで一生さんがモノマネをやるんですけど、それがめちゃくちゃ似てるんです」と明かした。さらに得意なモノマネを聞かれた中村倫也は“寝起きのハムスター”のモノマネを披露し、黒木華も高橋一生も大爆笑していた。

舞台挨拶では、本作の宣伝大使のIKKOも登場。おなじみの「どんだけ~」のポーズで、来黒木華、高橋一生、中村倫也と共に「おいとま~」ポーズを披露した。

この記事の画像一覧 (全 20件)