足立梨花、川谷絵音と意気投合!?「男女の友情は成立する」

TV 公開日:2019/07/12 8
この記事を
クリップ

女優の足立梨花が、12日都内で、自身が主演を務めるドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」(FOD・フジテレビ、7月15日よりスタート)のトークイベントに、同じく主演を務める俳優の白洲迅と、共演の浅香航大と出席した。




本日のイベントに、3人は浴衣姿で登場。足立は「今日の浴衣なのですが、着物みたいに着てるのが珍しいのかなと。最近この着方はやっているようで、ピシッとしたほうがちゃんとした女感でませんか?プライベートでも取り入れたいです」と笑顔で話した。

ドラマの内容にちなみ「男女の間に友情は成立するのか?」というテーマで3人はトーク。足立は「男女の友情は成立すると思っている。男の子の親友と呼べるくらい仲いい子がいるから、成立すると思う。いろんな話ができるし、彼に彼女ができたらおめでとうってなる」と答えると、白洲は「僕はないと思っています」と2人は正反対の意見の様子。浅香はそんな2人の様子を眺めつつ「いや、俺はこれはわかんない。答えがでなかった!個人的には(男女の友情は)ないと思っているんだけど…」とどちらの意見にも理解を示した。

イベントに来場した観客にも同じ質問を投げかけると、友情が成立するという意見が多数派を占め、足立は「そうだよね!男だけだよ、そうやって友情の先を考えているのは(笑)!」と観客に同意を示すと、浅香も最終的には「下心はあります!」と発言し会場を沸かせた。

イベントでは、本ドラマの挿入歌を担当した川谷絵音がサプライズで登場。足立はこの挿入歌について「クランクアップの日に、歌詞を読むシーンがあって、そのシーンの撮影の時に初めて聞きました。それまでイントロすら聞かせてもらえなかったので、自然と入り込めて、大号泣でした」と語ると、白洲も「この曲を聴くと泣いちゃいそう」とうっすら涙ぐんだ様子をみせた。

川谷にも「男女の友情は成立するか」の質問を投げかけると、川谷は「全然友達あると思いますよ」と回答すると、足立は「ほらほら!ありますよね!」と意気投合していた。

この記事の画像一覧 (全 20件)