「コーヒー&バニラ」出演の黒羽麻璃央&小越勇輝&濱正悟に直撃!「どんだけキスするの!?」「刺激が強い」

TV 公開日:2019/07/10 18
この記事を
クリップ

朱神宝の描く小学館「Cheese!」で連載中の激アマ溺愛ラブコミック「コーヒー&バニラ」がMBSの「ドラマ特区」枠でドラマ化、7月4日から放送がスタートする。主人公の恋愛初心者女子大生、白城リサを演じるのが福原遥。そして彼女と浮き合うことになるパーフェクトイケメン社長役を桜田通が扮する。そんな2人の恋をかき乱すのが、肉食系ライバル社長役の黒羽麻璃央、犬系男子の同級生役の小越勇輝、そして美青年秘書役の濱正悟。そこで物語を彩るイケメン俳優3人に直撃インタビューを行った。




――まずは、この激アマ溺愛ラブストーリーの原作を読んだ感想をお願いします。

黒羽「ド甘ですよね(笑)」

小越「僕は少女マンガを読む機会がちょこちょこあったりして。でも、今回、自分が関わってみると、読んでいてなんか照れくさくなりました(笑)」

黒羽「そうね」

小越「台本にも顔を覆うシーンがありましたし」

黒羽「少女マンガって、これがベース?結構、ハードなほうだと思うんですけど…」


――かなりハードだと思います(笑)。

小越「台本を読みながら、何度か“おっ!?”ってなるシーンがありましたから(笑)」

黒羽「とても刺激が強い作品ですよね」

小越「それに展開の早さがスゴイなぁって。こんなにすぐこうなって、あそこまでいってしまって(笑)。でも、ちょっと女性が男性に憧れる気持ちがわかったというか。普段は少年漫画を読むことが多いので、全然違った視点で読めました。あとは“どんだけキスするの!?”って(笑)」

小越「女性はこういうところにキュンキュンするんだろうなぁ」

濱「僕もあまり少女漫画を読んだことがなかったので、新鮮な感じで読めて。読みながらニヤニヤしちゃいました(笑)」

黒羽「ニヤニヤ?」

濱「頬が緩むというか(笑)。それこそドラマでどこまでやるんだろうって楽しみがありますね。ちょっと少女漫画にハマってしまったかもしれません。それと阿久津となつき(喜多乃愛:リサの親友)の関係も結構好きです」

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)