稲垣吾郎&香取慎吾、2人の間で恒例の“稲垣チェック”発動

TV 公開日:2019/06/20 16
この記事を
クリップ

稲垣吾郎香取慎吾をメッセンジャーに起用したノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」の新TV-CMとして、高橋由伸氏をゲストに迎えた「ノンアル維新!夏だ、自由だ。」篇(15秒・30秒)が、6月22日(土)から全国でオンエア開始となる。

シリーズ第3弾となる「ノンアル維新!夏だ、自由だ。」篇では、野球評論家で読売巨人軍特別顧問の高橋由伸がゲストとして登場。白シャツに青のベストとパンツを組み合わせた「オールフリー」カラーの衣装を身にまとい、同じく青を基調とした羽織・袴姿の稲垣吾郎香取慎吾とともに、絶景の大海原を望むビーチで、“のどごし、バツグン”の「オールフリー」に驚く姿を描いた。

TV-CMへの出演は17年ぶりという高橋氏をはじめ、同世代の稲垣、香取と「生きてるーっ!」というお馴染みの決め台詞を放つ貴重なスリーショット、ドローンを駆使したダイナミックなカメラワークなど、見どころ満載の最新作に注目だ。




撮影は5月半ば、秘境のような砂浜で行われた。雨のち曇りの天気予報から一転、当日は気温が30度近くまで上がる晴天に。終始強い日差しがビーチに降り注ぐなど、夏向けのTV-CMにふさわしい絶好の撮影日和となった。撮影は、高橋氏が「オールフリー」を飲むシーンからスタート。今回が17年ぶりのTV-CM撮影ということで、やや緊張の面持ちでスタンバイした高橋氏。「ちょっと多めに、グビグビッと飲んでください」「嬉しそうに」「飲み終わりの表情を強めて」という監督の丁寧な演技指導により、少しずつリラックスしていった。無事OKテイクを獲得すると、ホッと胸をなで下ろし、周りのスタッフの拍手に笑顔で応えていた。

「オールフリー」を飲む3人を正面から捉えるシーン。ここでは何よりも、互いにタイミングを合わせて飲むことが重要だが、監督から「両脇の2人がしっかり合わせてくれるので安心してください」と励まされていた高橋氏を横目に、任せろといった表情で力強く頷いていた稲垣と香取。頼もしい2人のリードのお陰で、撮影は順調に進行した。

休憩中、稲垣、高橋氏とInstagram用の撮影をしていた香取。高橋氏を囲んだスリーショットでは、嬉しそうにVサインをしながら、記念の一枚を撮影。その後、スマートフォンを手にした香取が「これアップしてもいい?」と真っ先に向かったのは稲垣のところ。実は昨年頃から、稲垣と一緒に撮った写真は、本人の了承を得てから投稿するようになったらしく、二人の間で恒例(?)となった“稲垣チェック”が発動していた。

今回の撮影で最もテイクを重ねたのが、全員で「生きてるーっ!」と叫ぶラストカット。海面スレスレを飛ぶドローンが波打ち際に立った3人に近付いていく場面では、専門のスタッフによる繊細なコントロールが要求され、微調整を重ねながら、かなりの時間を費やした。


稲垣吾郎香取慎吾高橋由伸氏 インタビュー>
――撮影の感想をお聞かせください。
高橋:慣れないので、撮影中からずっと緊張しっぱなしでした。
稲垣:意外です。自然でしたよ。
香取:あんまりそんな風には見えなかったです。
高橋:ドキドキしていました。衣装を着て、役を演じるというのは、やっぱり緊張します。
稲垣:でも、これから増えるんじゃないですか。
高橋:そうなったら嬉しいですね。
稲垣:海での撮影も気持ちよかったです。
香取:いろいろ大変でしたけどね。いい風や潮の満ち引きを待ったり、ドローンで撮ったりみたいな。
高橋:自然が相手だと、なかなか。

――高橋さん自身、TV-CMに出演するのは何年ぶりですか?
高橋:TV-CMとなると、おそらく17年ぶりぐらいになると思います。
香取:そんなに久々なんですか。それは緊張しますよね。
稲垣:僕らが始球式とかに呼ばれちゃうぐらいの緊張感かもしれません。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)