大友花恋主演ドラマ、視聴者の声に応え地上波放送決定

TV 公開日:2019/06/18 8
この記事を
クリップ

フジテレビの動画配信サービスFODにて配信中の、大友花恋・初主演ドラマFODオリジナル連続ドラマ「いつか、眠りにつく日」が、2019年7月15日(月)から毎週月曜日24時55分より地上波放送されることがわかった。

FODオリジナル連続ドラマ「いつか、眠りにつく日」は、いぬじゅん原作の小説を映像化した作品。原作は、2014年3月に単行本、2016年4月にスターツ出版文庫より書籍化された作品だ。2017年12月から2018年3月に開催されたスターツ出版文庫全作品の中から、読者が推したい作品をTwitterで投稿する「冬のスタ文総選挙」にて投票数第1位を獲得し、FODでの連続ドラマ化が決定した。

2019年3月より配信を開始後、FODオリジナル作品ランキングで上位をキープ。SNS上では、「沢山の人に見てもらいたいです。きっと、救われる人もいると思います。」「本当に素敵な作品…。沢山の人に届いて欲しいです。地上波放送を是非お願いします!!」など、多くの視聴者の方からの感想や要望が届き、今回の地上波放送が決定した。




本ドラマの主人公・森野蛍役には、大友花恋が抜擢され連続ドラマ初主演を務める。物語のキーマンとなる案内人・クロ役には小関裕太。蛍の片思いの相手・大高蓮役には甲斐翔真。蛍の親友である山本栞役は喜多乃愛が務める。 今後の活躍が期待されるフレッシュな若手俳優陣が、生きることの大切さを描いた心温まるストーリーを熱演する。

物語は、主人公の高校2年生・森野蛍(大友花恋)が、中学時代から片思いの相手である大高蓮(甲斐翔真)と親友の山本栞(喜多乃愛)と共に、修学旅行の途中バスで事故に遭うことから始まる。蛍が目を覚ますと全身真っ黒な服を着た男(=クロ・小関裕太)から「お前の案内人だ。森野蛍、よく聞け。お前は死んだんだ。」と告げられる。さらに、死んでから49日以内に3つの未練を解消しなければ地縛霊になってしまう。事故から1ヶ月間目を覚まさなかった蛍にはあと19日しか残されていないということを伝えられる。 蛍は限られた時間の中で自分の心残りである3つの想いをクロと共に紡いでいく。そして3つ目の未練を解消した最後にクロから思いもよらない事実が告げられる。


■FODオリジナル連続ドラマ「いつか、眠りにつく日
放送日時:2019年7月15日(月)スタート
毎週月曜日24時55分~25時25分放送(※放送時間は予告なく変更となる場合あり)
配信:FODにて全話配信中
出演:大友花恋 小関裕太 甲斐翔真 喜多乃愛 他
制作著作:フジテレビ

(C)いぬじゅん/スターツ出版文庫 フジテレビジョン

この記事の画像一覧 (全 4件)