平祐奈×磯村勇斗 極上キスに“おでこコツン”、待望のプロポーズに視聴者悶絶

TV 公開日:2019/06/17 24
この記事を
クリップ

「AbemaTV」3周年オリジナル連続ドラマ『御曹司ボーイズ』の第17話~第18話が6月16日の夜10時より放送された。

本作品は、この世のすべての女性の憧れ“御曹司の花嫁”の座をめぐって繰り広げられる、“サバイバル玉の輿コメディドラマ”。

本ドラマの視聴者数は放送開始以来、話数を重ねるごとに視聴者数が右肩上がりで上昇しており、最終回の視聴者数は初回放送に比べて360%増加するなど、「AbemaTV」でこれまで放送されてきたオリジナルドラマ史上初の快挙を叩き出した。また、最終回の放送当日は「御曹司ボーイズ」がTwitterの日本のトレンドで3位にランクインするなど、SNS上でも大きな盛り上がりを見せた。最終話を含めたこれまでの放送は、いつでも見たい番組を何度でも楽しめるオンデマンドエンタテイメント「Abema ビデオ」でお楽しみいただける。





■プリマリ最終回!女子は想いを固め、公開プロポーズ。ドレス&タキシード姿に「美しさ国宝級」の声も
海岸沿いを並んで歩く麦(平祐奈)、ふみの(武田玲奈)、優(岡本夏美)。公開プロポーズが予定されている、劇中の結婚リアリティーショー『プリマリ』最終話の収録にいくと決めたふみのと優だったが、麦は悩んでいる模様。陸への気持ちを聞かれた麦は、「いつも助けてくれて、見守ってくれた陸さんのことが大好きなの」「でも、答えがわかっているから怖いよ」と泣き崩れてしまった。しかし、陸との思い出の“くまのパン”を食べ、陸に気持ちを伝える決意をした麦。3人は急いで『プリマリ』の会場に向かう。

男性はタキシード、女性はウェディングドレスに着替え、いよいよ告白の時。女性から告白をして、御曹司がティアラを渡したら告白成功というルールの下、まずはふみのが告白をする。指名したのはタッセイ(山本涼介)。「私はタッセイのことが好きだ!ずっと一緒にいてほしいんだ!あんたのことが好きなんだよ!」とこれまで演じてきた偽りのお嬢様キャラではなく、ありのままの“ふみの節”を炸裂させ、涙ながらの告白をする。タッセイは、「職人になって自分の力で立ちたいんだ。一人前になるまで待っててくれますか?絶対に後悔はさせません」と宣言してふみのの告白を受け入れ、そっとティアラを贈った。

続く優は、「テル君(稲葉友)に、ちゃんと伝えたいことがあるの!」と、テルを指名。「テルくんの漫画は最高だよ!御曹司がそんなに大事?本当に大事なものを持っているってことが幸せでしょ?きっとあなたの漫画でみんなが笑顔になれる!」とテルの夢を応援する気持ちを力強く伝え、「以上!」とテルの返答を待たずにその場を去ろうとする優。そんな優を、後ろから強く抱きしめ引き留めたテルは、「ずっと進むことも諦めることもできなかった。でも決めた、僕は僕の道を生きる。君は、僕の最高のプリンセスだよ」と優に伝え、見事2組目のカップルが成立した。

2組のカップルが成立し、視聴者からは、「普段は温厚なテルの強引なバックハグはたまらない」「カップルの幸せそうな姿にこっちまで胸がいっぱい、ニヤニヤが止まらない」「告白シーンはご飯何倍でもいける」「険悪ムードも乗り越えた女子メンバーの強い絆に感動して号泣」など祝福のコメントが寄せられた。また、平祐奈磯村勇斗を始めとするキャスト陣の華やかなウェディングドレス姿やタキシード姿にも、「みんな純白が似合っていて、この美しさは国宝級」「御曹司たちがかっこよすぎて眩しい」「晴れ姿にこっちまで泣けてくる」など、絶賛のコメントが目立った。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連記事

Md jc86deqp3axh2zy4kzv
『まだ結婚できない男』シュールな予告映像には阿部寛の熱い想いが
TV 5
Md t4z2v5urf5y12wzqtov
三浦春馬、憧れの女優・黒木瞳の“アゴクイ”に動じず渡り合う
TV 6
Md w78wjjg6tlpk3tcvb6k
堀田茜、謎過ぎるウソを告白「水が飲める女性ってカッコいい」
映画・舞台 5
Md p8k4smhkaflm5tbshqk
三浦春馬に不気味な一言…高嶋政伸が純度100%の悪役を怪演
TV 2
Md ws0oz78khn8etymn08g
磯村勇斗主演「ドラマ甲子園」大賞受賞の感動作が地上波初放送
TV 2
Md afe1wb2lcty43ftd80t
三浦春馬、アジアで初ファンミーティング「まつげを切っていた」驚きの理由明かす
TV 18
Md auk2pevub5tqc3nute1
中村蒼、磯村勇斗との“男前2ショット”にファン反響
芸能総合 4
Md cf5bgoh1bpo0rlt21q2
三浦春馬がアジアスター賞受賞、スピーチで語った「自らの役割」
TV 7