岡田准一&北村匠海、渾身のモノマネ披露も倒れこむ「恥ずかしい・・」

TV 公開日:2019/05/30 2
この記事を
クリップ

V6の岡田准一と、北村匠海がイメージキャラクターを務めるソフトバンクの「ギガ国物語」の新テレビCM『ギガ姫』篇が、 2019年6月1日(土)に全国で放映を開始する。




新テレビCMシリーズ「ギガ国物語」は、 岡田演じるリーダーの「オカダ」、土屋太鳳演じる真面目で純粋な妹的存在の「タオ」、 白石麻衣演じる常に冷静沈着でりりしい「シライシ」、 北村演じる気弱で他力本願ながら愛されキャラの「タクミ」の4人の旅人と、 高性能AI搭載ロボット「サトウ」という個性的な面々が、 「ギガ国」で起きているさまざまな現状に直面しながら旅をするストーリー。

今回の見所は、 岡田が「ムササビ」のモノマネをするシーン。 普段は数々の映画やドラマで難しいアクションをこなす岡田だが、 全力のムササビのモノマネが見られるのはこのテレビCMだけ!?北村渾身の「ネコ」と「ニワトリ」のモノマネも必見。 今回、 ギガ姫の役を演じた粟野咲莉の可愛らしい演技にも、ぜひご注目いただきたい。


今回の撮影では、 宙吊りになってムササビのマネを披露した岡田。 さすが慣れた様子で、 長時間吊るされた状態でも「全然大丈夫です!このままいきましょう!」と笑顔で応えた。 打ち合わせの際に、 北村のモノマネの詳細を聞くと「すごく楽しみ!タクミんの“コケッ”!にかかってるよ!」と笑いかけたり、 ギガ姫役の粟野に「姫、 おはようございます。 よろしくお願いします!」と声をかけたりと、 リーダーらしい岡田の周りへの優しい気遣いが、 現場を団結させてくれた。

今回初めてモノマネに挑戦したという北村。 それでもカメラが回ると、 全力でネコになりきってモノマネを披露。しかしカットがかかると「ああー!!恥ずかしい・・」と倒れこみ、 スタジオが暖かい笑い声に包まれた。 二度と見られないかもしれない、 北村渾身のネコとニワトリのモノマネにぜひ注目してご覧いただきたい。


粟野咲莉 インタビュー>
―今回の撮影を終えて、 感想を聞かせてください。
お姫様になって、 しかもこんな綺麗なドレスを着させてもらうのは、 なかなか無い事なのですごく嬉しいです!自分的にもお姫様らしく出来たと思うので、 今日は100点満点でした!岡田さんと北村さんは、 すごくかっこよくて、 ご挨拶してくださった時もドキドキしてしまいました。

―お姫様になってギガの制限を改正するという役でしたが、 「普段は我慢しているけど本当はもっとしたいな」と思っていることはありますか?
お菓子は一日一個まで、 って約束で我慢してるんですけど・・、 本当は、 もう少し食べたいな。 二つか三つくらい食べたいです!

岡田准一北村匠海 インタビュー>
―今回で6作目ですが、 改めて撮影を終えてみていかがでしたか?
北村:やっと、 ゴールっぽいところにたどり着きましたね(笑)。
岡田:うん、 やっと姫がいる城に着いたね!今まで街に着いて、 食事して、 カラオケ行って(笑)。 「ここからようやく冒険が始まる!」って感じですね。

―お二人とも、 モノマネのシーンがありましたが
岡田:今回はタクミん(北村さん)のニワトリがメインだったからね!
北村:岡田さんの華麗なムササビもすごかったですよ!僕はモノマネをやった事が無かったので、 最初のネコのモノマネでもう(恥ずかしさで)メンタルをやられてしまって・・・。
岡田:あのムササビを華麗って言わないでよ(笑)!僕も久しぶりにこんな演技をしたから、 出来上がりが楽しみですね!

―「ギガ」を無制限に改正するというシーンがありましたが、 お二人が「無制限に出来たらいいな」と思う事を教えてください。
北村:僕は、 無限に食べたいですね。 最近、 すぐお腹いっぱいになってしまうので。
岡田:食べなそうだよね(笑)。 この仕事をしてると、 あんまり食べない方が演技も調子いいって感じる時あるよね。 若い時は僕もそうだったからすごく分かる。 でも、 それは幻想だから(笑)!ちゃんといっぱい食べた方がいいよ!
北村:そうなんですか?じゃあたくさん食べます(笑)!
岡田:でも、 ギガの制限が無いのも嬉しい。 制限かかって(通信速度が)ゆっくりになるのは嫌だよね。
北村:僕、 すぐギガを追加で買い足しちゃいます(笑)。 なので、 プラン見直しました!