志尊淳、初ヌードで官能ラブストーリーに挑む「潤一」魅惑のビジュアル解禁

TV 公開日:2019/05/28 4
この記事を
クリップ

仏カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞、米国アカデミー賞ノミネートほか、数々の賞歴を誇る日本を代表する映画監督、是枝裕和。その彼を中心に設立された制作者集団“分福”が手がける渾身のプロジェクト「潤一」がついに始動。日本解禁前にもかかわらずその波紋はすでに日本を飛び越え、フランスへ。カンヌの国際ドラマの祭典“カンヌシリーズ”のコンペティション部門に日本作品として初めて出品され、公式上映がされると現地の関係者から絶賛を浴び、注目を集めた。ドラマ配信・放送に先駆け、一足早く6月14日(金)より1週間の期間限定で丸の内ピカデリーにて公開が決定。併せて、特別ビジュアルも解禁となった。濡れた上半身裸と儚い視線が印象的な志尊淳を大きく捉えた官能的な一枚となっている。




主演は「自分の概念が否定された」と原作に感銘を受けた志尊淳。6人の女性たちを虜にする妖艶な青年“潤一”を華麗に演じ、自身初となるヌードに挑戦、そして官能的なベッドシーンを惜しげも無く披露し、俳優として新境地を切り拓く。“潤一”の虜となる女性陣に扮するのは、藤井美菜夏帆江口のりこ蒔田彩珠伊藤万理華原田美枝子。人気絶頂の志尊淳×豪華6人の女優陣の競演も話題の同作。原作は直木賞作家の井上荒野の連作短編集、監督は「歩いても歩いても」以降の是枝作品を支えてきた北原栄治と、是枝の愛弟子「夜明け」の広瀬奈々子が務める。脚本は同じく分福の砂田麻美(「エンディングノート」)、撮影には「誰も知らない」ほか是枝組を支え続けた山崎裕と、日本映画界最高峰のキャストスタッフが集結。カンヌが絶賛した、日本最高峰の制作集団が圧倒的映像美で贈る、センセーショナルな官能世界。衝撃作が令和最初の初夏に、ついに日本解禁。


<ストーリー>

潤一26歳、雲のごとく流れゆく6つの恋――。その激情は、女を潤す。

無職・宿無し、気まぐれに女から女へと渡り歩く潤一。出産をひかえた妊婦、映子。妹の旦那と寝る姉、環。亡くなった夫の不倫を疑う未亡人、あゆ子。夫に束縛された装丁家の女、千尋。処女を捨てたい女子高生、瑠依。毎日男漁りに出掛ける女、美夏…。それぞれの孤独な日常の隙間に、潤一はいつの間にか現れて、消える。寄る辺ない日常に埋れていた女たちの人生は、潤一との刹那の愛で輝きを取り戻す。だが、潤一は、一人の女のそばには決してとどまらず、ふらりと去っていく。小さな波紋だけを残して…。潤一はどこから来て、どこへ行くのか。潤一が女たちに残すものとは?


出演:志尊淳  藤井美菜 夏帆 江口のりこ 蒔田彩珠 伊藤万理華 / 原田美枝子

製作:2019「潤一」製作委員会

コピーライト:©️2019「潤一」製作委員会


※映画「潤一」は6月14日(金)より丸の内ピカデリーにて1週間限定上映、Amazonプライムビデオ、iTunes他にて6月26日(水)よりデジタルセル先行。

※ドラマ「潤一」は関西テレビにて7月12日(金)25:55~放送、放送終了後国内プラットフォームにて見逃し配信予定