寺島しのぶ 足立梨花 倉科カナら“毒”を抱えた女優がEDを歌いつなぐ?

TV 公開日:2019/05/28 5
この記事を
クリップ

WOWOWで7月6日(土)よる10時よりスタートする「連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」のポスター&特報映像が完成。今回は、オリジナルソングも作られ、ドラマ本編のエンディングでは、各話に登場する“毒(ポイズン)”を抱えた主演女優6名が歌いつなぐ仕掛けも!




本作は人気作家・湊かなえが、人間の情念をえぐり取るように母と娘、姉と妹、友だち、男と女の複雑な関係を描き、直木賞候補作となった短編集の連続ドラマ化。登場人物それぞれが犯してしまう過ちは、角度を変えれば成功あるいは幸福にも見えてくる――。“人生も人間も、ある一面だけで判断することはできない”それがこのドラマの最大のテーマだ。

各話の主演には、寺島しのぶ足立梨花清原果耶中村ゆり倉科カナ伊藤歩という原作のキャラクターの再現性を重視した実力派女優たちが揃った。

そんな今作のポスター&メインビジュアルが完成。6名の主演女優の写真に入っている“タイトル”と“役名”はそれぞれの直筆。“タイトル”には各話を象徴するキーワードとも言える気になる言葉が並んでいる。

“ポイズンワールド”が垣間見られる特報映像も公開。この中では子どもの時に聞いたことがあるような懐かしくもどこか怖さと“中毒性”のあるメロディーが流れているが、これはドラマオリジナルソングの『だいじな子』。今作の世界観を表現するためにドラマのエンディングテーマとして作曲された。

各話主演女優以外にも、話題性豊かなキャスト陣が並ぶ。1話では、注目の若手女優・山田杏奈、「M-1グランプリ」の2017年王者でもあるお笑い芸人・村田秀亮(とろサーモン)、ドラマ初出演の元NHKアナウンサーの登坂淳一らが出演。全話でメインキャスト総勢37名という豪華競演が実現した。

そして、ある物語に登場していた人物が、別の物語でも鍵を握る人物として登場するなど、この“ポイズンワールド”の中には様々な仕掛けが隠されている。エンドロールで各話の主演女優が一つの曲を歌いつないだり、ある物語の登場人物がほかの物語にも登場するといった思わぬ仕掛けが必見のこの「ポイズンドーター・ホーリーマザー」。執念、恐怖、切迫、呆然、驚愕、爽快、感動...さまざまな感情が渦巻く“ポイズンワールド”を、映像を通してぜひ体験してみよう。


■「連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」
7月6日スタート 毎週土曜よる10時(全6話)※第1話無料放送
WOWOWプライムにて放送
出演:寺島しのぶ/足立梨花/清原果耶/中村ゆり/倉科カナ/伊藤歩

(C)WOWOW


【関連商品】