田中圭、今度はインテリヤクザに ムロツヨシを脅しまくる

TV 公開日:2019/05/21 3
この記事を
クリップ

現在放送中の「きのう何食べた?」が反響をよんでいるテレビ東京「ドラマ24」枠(毎週金曜深夜0時12分)。7月クールは「I ターン」を放送。原作は、「侠飯」「すじぼり」などの作品が、多数映像化されている人気小説家・福澤徹三の同名小説。冴えないサラリーマン・狛江光雄に突如訪れた、ヤクザたちとのジェットコースターのような地獄の日々を描く。ムロツヨシ古田新太がダブル主演を務めることは既に発表されているが、今回、狛江(ムロツヨシ)を利用し、岩切(古田新太)率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司役を田中圭が務めることが分かった。




テレビ東京のドラマ出演は、2016年放送のドラマスペシャル湊かなえサスペンス「望郷」以来 3 年ぶり。田中が演じる竜崎は“冷徹で計算高い頭脳派ヤクザ”。昔気質の岩切とは全く違う新しいやり方でのし上がり、バチバチと火花を散らす役どころ。そんな2つの組が対立する街にやって来た崖っぷちサラリーマン・狛江は、赴任早々まさかのトラブルによって、竜崎には目を付けられ、岩切には“舎弟”にされてしまい…。竜崎は、トラブル続きの狛江をアメとムチを使い分け、言葉巧みに利用。昔気質の人情派な岩切と冷徹な竜崎に睨まれた狛江―。岩切組舎弟とサラリーマンの二重生活に加え、次々と仕掛けられる竜崎の罠―。狛江はどうピンチを切り抜けていくのか!?


狛江と岩切、そして竜崎との絶妙な掛け合いは必見。崖っぷちサラリーマン・狛江が“仕事”と“裏社会” でどう生き抜いていくのか、楽しみに待っていよう。


田中圭(竜崎剣司役)コメント>

僕が演じる竜崎は、わかりやすい言葉で言うとインテリヤクザ。こういう役は久々だったのと、ムロツヨシさんや古田新太さん、他にも知っている人がいたので、楽しそうだなと思いました。ムロさんとは、実は現場でお会いしたことがなかったので、お会いできてすごく嬉しかったです。“ムロ節”を生で体感できておもしろかったのですが、ムロさん得意のアドリブをもう少し堪能したかったなと思います。作品自体はコメディ要素がすごく強い作品なんですけど、僕とムロさんのシーンは毎回僕が脅しているので(笑)。新太さんは、こういう役を相当数やられているので、そんな新太さんに同じヤクザ役としてなんとか対峙できるように、気持ちの面では負けないよう意気込みを持って現場に臨みました。



ムロツヨシ(狛江光雄役)コメント>

田中圭くんと初めてお芝居したのですが、やっとだなという感覚があり、嬉しかったです。 僕は“嫉妬”を誉め言葉として使うんですけど、彼は、嫉妬するくらいのお芝居の感覚を持っていると思います。間だったり、面構えだったり…。今回は、そんな彼にガンガンすごまれて“やられる”という役なので、この関係性ならではの「会話」というものを成立させたいし、それをしてくれる役者さんだということは間違いないです


古田新太(岩切 猛役)>

圭ちゃんとはピストルの撃ち合いをして二人でぶっ飛ぶというシーンがありました。今まで共演してもそんなに絡むことがなかったので、同じ画角でピストルの撃ち合いをしたのが楽しかったです。


©「Iターン」製作委員会

原作:福澤徹三「Iターン」(文春文庫刊)

この記事の画像一覧 (全 6件)