那須川天心 VS 亀田興毅、究極の戦いがついに実現

TV 公開日:2019/05/19 19
この記事を
クリップ

「AbemaTV」開局3周年を記念した特別番組『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』において、那須川天心選手への新たな対戦相手として、元プロボクサーの亀田興毅が決定し、その模様を6月22日(土)夜7時より生放送することが決定した。




“亀田3兄弟”の長男として、WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級、WBA世界バンタム級と日本人初の世界3階級制覇を果たすなど、輝かしい成績を収めてきた亀田は、2015年に現役引退するが、2018年1月に1試合限定での現役復帰を表明。因縁の対戦相手である元同級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム選手(タイ)と対戦し、見事勝利を飾ると、同年11月には2度目の引退表明を行った。その圧倒的な強さと、派手なパフォーマンスで常に注目を集めてきた「平成」を代表するファイター・亀田興毅と、新時代「令和」の格闘界を担う那須川天心による究極の戦いがついに実現。日本中の注目を集める本対戦の模様は、6月22日(土)に「AbemaTV」で生中継される。

5月18日(土)の本放送回では、約3,500名の応募者の中から審査を通過した8名のうち、同志社大卒ボクシングジム経営の藤崎美樹さんと、元WBAスーパーフライ級世界王者のTepparith Joegym(テーパリット・ジョウジム)の2名が挑戦者として那須川選手に挑んだ。

第1試合、テーパリット・ジョウジムと那須川選手の対決では、5月1日の「挑戦者決定トーナメント」時に比べ、パワーアップしたテーパリットさんが予想以上の戦いを見せるも、3R内に那須川選手を倒すことができず、1000万を獲得することができなかった。続く第2試合でも、「挑戦者トーナメント」にて、テーパリット・ジョウジムを
倒し勝ち進んだ藤崎美樹さんが登場。第1試合よりも動きが早くなった那須川選手に、果敢に攻め続ける藤崎選手だったが、3R内に倒すことができず、1000万獲得を逃した。

試合後、2人の挑戦者と戦った那須川選手は、試合の感想として「自分的にも、AbemaTV的にも1000万円とられなくてよかったかなと、ちょっとホッとしています。相手が前に出てきたので、自分もその気持ちに答えて前に出ていきました」とコメント。那須川選手に挑んだテーパリット・ジョウジムは、「日本のスーパースター・那須川天心と試合ができて今日はとっても嬉しかったです」、藤崎美樹さんも「思っていたよりも本当に強かったなと。狙うんだったら打ちに行ってからのもう1回の攻撃しかないと思ったけど、そこのテンポの速さについていけなかったのが敗因です」と答えました。なお、この試合の全模様は、「Abemaビデオ」にて無料で視聴可能だ。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ