「きのう何食べた?」山本耕史&磯村勇斗の視線が…大爆笑のWデート

TV 公開日:2019/05/18 25
この記事を
クリップ
}/

よしながふみ原作の人気マンガを実写化した話題のドラマ「きのう何食べた?」(テレビ東京・毎週金曜深夜0:12~)は17日深夜に第7話が放送され、シロさん(西島秀俊)&ケンジ(内野聖陽)、小日向(山本耕史)&ジルベール航(磯村勇斗)という二組のカップルが初対面。視聴者も夜中に思わず声を上げて笑ってしまうようなダブルデートが展開され、4人の俳優陣が様々な表情を見せてくれた。(以下、ネタバレあり)

先週の第6話でついに登場した小日向(山本耕史)の恋人“ジルベール”こと航(磯村勇斗)。針ねずみTシャツも話題となり、すでに登場のインパクトは抜群だったが、第7話ではいつも小日向が愚痴る(=ノロケる)わがままな性格や乙女感が表出した。




ケンジに入浴剤をもらうと、ピンクと黄色の袋でそれぞれラッピングされた2種類の入浴剤を両手で持って、ふるふる揺らしながら「え~どうしよぅ」と乙女な仕草。「航くんはベリー系だよね」と小日向が言うと「え?なんで大ちゃん(=小日向)が決めるの?」と豹変。両方使えばいいと優しい口調でなだめる小日向に「またそういう感じ?」とつっかかる。

2人の痴話喧嘩(シロさんの表現によると“プレイ”)を見ているシロさんとケンジは、受け入れたような呆れたような笑顔で見守るも見かねたシロさんが「あの、何か頼みますか?」と遮ると、それまで航にペコペコしていた小日向(山本耕史)は「あ、店こんな感じでよかったですか?勝手に決めちゃいましたけど」と急にダンディーモードに。声も低く渋い。そして目力は相変わらずだ。

横目でシロさんをチェックしたジルベール航が「筧さん(=シロさん))、今日もシュッとしちゃってんな~」と心の中で呟くと、なぜかケンジ(内野聖陽)も心の声で「でしょぉ?」としたり顔。

小日向が芸能プロダクションの仕事をしていて、自分が昔大ファンだったアイドル“三谷まみ”も所属していると知ったシロさん(西島秀俊)はテンションMAX。「まじで!?」と大声を上げて大興奮。「あのポニーテールの後れ毛、あれ反則」などと周りが引いてしまうほど嬉々として話す。そんな空気も“ジルベール”航(磯村勇斗)の一言で一変…


ここまでわずか放送開始3分少々だが、4人のどれほど多くの表情を見られただろうか。確立された強烈なキャラが絶妙な掛け合いを見せている。気付いたら自然と顔がニマニマしてしまう、そんなシーンだらけだ。

4人の食事シーンの中で、視聴者から多くの反響があったのが、小日向(山本耕史)&ジルベール航(磯村勇斗)の2人の目だ。「どういうタイプが好きなのぅ?」と航に聞かれたケンジ(内野聖陽)は、シティーハンターの冴羽獠と回答。「いーたーの!ここに三次元の冴羽獠が」とシロさんの腕をつかんでアピール。困り顔のシロさんが前を向くと、「似てない」を無言で完全に表現した小日向(山本耕史)&ジルベール航(磯村勇斗)の2人の表情に驚愕する。

似てないって思ってる。全力で思ってる。

そうシロさんが気づいてしまうほど、見事な絵面だ。小日向(山本耕史)はスンッとほぼ無表情。ジルベール航(磯村勇斗)も、目を細め乾いた笑顔を浮かべていた。


この2人の表情に対して視聴者からは、「目線だけで否定する2人w」「小日向さんとジルベールのジト目最高笑」「小日向さんとジルベールの二人チベスナ顔w」「磯村君も山本さんも凄い俳優さん!!!目の細さヤバい」「二人して表情の引き出しすごい」などと大爆笑・大絶賛の声が多数上がった。また、4人のデートシーンに対しても、「ほんとこの四人の会話、おもしろくて頬の筋肉と腹筋にくる(笑)」「4人の個性の相乗効果すごい 4人の演技の相乗効果すごい」「このダブルデートずっと見ていたい…」「全員最高」などと絶賛するコメントが相次いでいる。


主演の2人は言うまでもないが、新しいキャストが登場するたびに「キャスティングが神」と、ことごとくファンの期待に応えて(上回って)いるドラマ「きのう何食べた」。次回は、また新たな2人のキャストが登場する模様。第8話にも期待しよう。


©「きのう何食べた?」製作委員会

この記事の画像一覧