「サ道」初ドラマ化、原田泰造・磯村勇斗らサウナ好き俳優ととのう

TV 公開日:2019/05/16 10
この記事を
クリップ

テレビ東京では、2019年7月クールドラマ25(毎週金曜深夜 0:52~放送)にて、「サ道」を放送することがわかった。

原作は、全国のサウナー(サウナ好き)にとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの『サ道』(講談社モーニングKC刊)。この度、テレビ東京が初めて実写化する。

今回、本作を映像化するにあたって目指したのは“サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ”(これから好きになる人も含む)。キャストもスタッフも自他ともに認めるサウナ好きが集結した。

主人公「ナカタアツロウ」を演じるのは自他共に認めるほどのサウナ好きで知られる原田泰造。お笑いトリオ・ネプチューンとして活躍する傍ら、映画「ボクの妻と結婚して下さい。」「スマホを落としただけなのに」、大河ドラマ「篤姫」「龍馬伝」、連続テレビ小説「ごちそうさん」(以上/NHK)などにも出演し、俳優としても実力を発揮し続けている。

そして、サウナ仲間「偶然さん」を演じるのはサウナ歴20年以上の三宅弘城。舞台俳優として活躍しながらも、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」、連続テレビ小説「あさが来た」(以上/NHK)など、映像の分野でも幅広く活動している実力派俳優。

同じく、ナカタのサウナ仲間「イケメン蒸し男(むしお)」を演じるのは最近サウナに足繁く通っている磯村勇斗。「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日)出演をはじめ連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)や「今日から俺は!!」(日本テレビ)「SUITS/スーツ」(フジテレビ)など話題作に次々と出演。さらに現在放送中の「きのう何食べた?」(テレビ東京系)では山本耕史の恋人・井上航(ジルベール)役として出演し今大注目されている若手実力派俳優だ。




この3人のレギュラーメンバーに加え、ナカタがその後を追う伝説のサウナー、蒸しZ役に宅麻伸も登場する。

本作では、サウナ室~水風呂~休憩を3回程度くりかえすことで得られる、多幸感、一種のトランス状態を“ととのう”と表現。現場ではサウナトークが止まらない、笑いの絶えない密度の濃い撮影風景が繰り広げられているとのこと。このドラマを見れば視聴者のみなさんも、サウナにどっぷりハマってしまうこと必至?


<原田泰造 コメント>
なんで、サウナを好きなのか?正直、自分でも今ひとつ分からない。ただ夜になるとサウナに行きたくてウズウズする。そんな不思議な魅力を持つサウナの教科書みたいな漫画「サ道」がドラマになります。是非、このドラマを見てととのっていただけたら嬉しいです。
(サウナとは...)
夜になると行きたくてウズウズする場所


<三宅弘城 コメント>
サウナの魅力に取り憑かれて四半世紀、まさか自分の仕事とこんなカタチで結びつくとは、夢にも思いませんでした。もう何かのご褒美ですよこれは。お話をいただいた時は飛んで喜びました。比喩でなくホントに。サウナ大好き俳優として、このドラマをきっかけにたくさんの方々にサウナの魅力、気持ち良さが伝わればいいなと願っています。
(サウナとは...)
NO SAUNA NO LIFE (※真剣な目で)


撮影:池田晶紀

(C)「サ道」製作委員会

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)