竹内涼真が“すごい”クールな演技、Take1から現場大爆笑

TV 公開日:2019/05/15 4
この記事を
クリップ

俳優の竹内涼真を起用したロッテ新CM「クーリッシュ すごい冷たい篇」が2019年5月15日(水)より全国でオンエアされる。

「クーリッシュ」は、冷涼感がスピーディに体全体に染みわたる “飲むアイス”。新CMでは、各々が“涼しくなれるもの”を持ち寄ってハイテンションにお祭り騒ぎをしている個性豊かな人たちの中心で、竹内がとにかく“クール”に佇みながら「クーリッシュ」を飲んでいる。どんなに暑い時でも「クーリッシュ」を飲んだ瞬間に冷涼感が染み渡る、「クーリッシュ」のクール感をこの“ギャップ”で表現している。クセのあるダンスを踊る人々に囲まれ、いつも以上にクールな竹内の表情に注目だ。

またCMで流れているオリジナルソングは、“クール・クーラー・クーリッシュ!”と思わず口ずさみたくなるような、クールで楽しい楽曲。この楽曲は、いろいろな映像に組み合わせてみると何故か映像が少しクールに見えてしまう、“遊べるCMソング”。ぜひお気に入りの動画と組み合わせて遊んでみよう。

なお、CM内にて響き渡る「すごい、冷たい!」というキャッチコピーは、撮影現場で竹内と監督の掛け合いから突如、生まれたという。直球ストレートに「クーリッシュ」の冷たさを表現する、力強い竹内の声にもぜひご注目いただきたい。

撮影では、各々が“涼しくなれるもの”を持ち寄った“個性豊かなキャスト陣がハイテンションなグルーヴ感でお祭り騒ぎのリハーサルを繰り広げる中、爽やかに登場した竹内。共演者と並び初めてCMの全体像を目にした竹内は「インパクトありますね」と楽しそうな様子で撮影に臨んだ。




Take1では、クールな竹内と対照的なダンスが初めてコラボレーションし、想像以上のギャップ感に会場では大きな笑いが。これを見た監督も「インパクト大のCMが誕生しましたね」と満足気。実は、キャストよりもハイテンションで現場を盛り上げていた監督は、次々と”厳しめ系”“クール系”と細かなバリエーションの表情を竹内に指示。竹内は、ハニカミやウィンク等、追加のバリエーション撮影も完璧にこなし、更に現場は大盛り上がりで撮影を終えた。


竹内涼真 インタビュー>
■撮影中
――“クールな竹内さん”の役作りはされてきましたか?
大体いつも決めて来ないので、監督さんと話してニュアンスはその場で決めてます。

――今日は周りにキャストがたくさんいらっしゃいますがいかがですか?
前回クーリッシュのCMは一人だったので、人が多いと楽しいですね。今はテンションも上ってます。(笑) (現場で流れるCMソングを聞いて)あとこの曲、頭から離れなさそうですね。

――撮影を半分終えて、いかがですか?
みんなの動き(ダンス)がシンクロして完璧でしたね。すごかったです。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ