山下智久、ついに明かされる5年前の過去と義手の秘密「インハンド」5話あらすじ

TV 公開日:2019/05/10 3
この記事を
クリップ

山下智久がドSで変わり者だが、天才的な頭脳を持つ寄生虫学者を演じるTBS系列の金曜ドラマ「インハンド」。10日夜10時より第5話が放送される。




紐倉(山下)は、5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也)との辛い記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は治療を勧める。だがそんな高家に、紐倉は激しく当たる。

ある日、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには『危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?』『助手が謎の自殺!』など、気になる記述が……。

実は、牧野が務める内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていたのだ。そして牧野は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れる。CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山和成(時任三郎)。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。

福山の口から語られた紐倉の過去とは…。そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる。


(C)TBS

この記事の画像一覧 (全 4件)