「陸海空こんなところでヤバいバル」西野未姫、過酷ロケでマジ助言 “これは仕事”

TV 公開日:2019/05/08 18
この記事を
クリップ
}/

第1弾として、5月6日(月)に放送した『陸海空 こんなところでヤバいバル』では、史上まれにみる極限企画『美女10人10日間サバイバル生活で合計10キロ太れるのか!?』企画を放送。厳寒の山奥で、“食材ナシ”“サバイバル技術ナシ”という過酷な状況で過ごす10人の美女たちが、10日間で10人合わせて合計10キロ太ることができるかにチャレンジする本企画。サバイバル5日目、リタイア寸前だった元AKB48の西野未姫(※ロケ当時19歳)が、スタッフの説得によりまさかの復帰を果たし迎えた極限サバイバル生活6日目。




「ごめんね、迷惑かけて。戻ることにした」と、昨夜リタイアを考えて号泣した事に謝りながら起床してきた西野を、メンバーは「迷惑ではない」と言葉をかけ温かく迎えた。そんな中行われたこの日の体重測定では、散々な結果に…。

減ってしまった体重を取り戻すべく、メンバーは3チームに別れて食材探しに出かけるが、魚獲りではあまりの寒さと過酷さに涙するメンバーや、いないメンバーの陰口を叩く場面も。そしてリタイアをほのめかすメンバーに対し、西野は「それは私も昨日そうだったけど、吹っ切れるしかない!だってこれは仕事なんだから。だからこの5日間は、吹っ切って考えない方がいい。仕事だからね」とアドバイスを送った。

10人の美女たちが挑んだ体重測定の結果、そして地上波では見ることができないサバイバルの現場で起きていた“女同士のし烈な戦い”と“ぶっちゃけトーク”の数々は、無料配信中の「Abemaビデオ」で。

この記事の画像一覧

関連タグ