竜星涼&松井玲奈、学生時代はスクールカースト低め!?互いの印象を語り合う

TV 公開日:2019/05/26 10
この記事を
クリップ

竜星涼が主演する「都立水商!~令和~」(MBS/TBSドラマイズム)は現在、話題となっている学園ドラマ。といってもただの学園ドラマではない。水商売のイロハを教える都立高校が舞台なのだ。もちろん、架空の設定だが、この東京都立水商業高等学校にはキャバクラ嬢やホストなどを真剣に目指す生徒たちが集まっている。そんな学校で竜星涼が演じているのは新任の社会科教師、石綿直樹。そして、キャバクラ科実習教師として竜星演じる石渡直樹の同僚教師・乾千花に扮する松井玲奈の2人に直撃インタビューを行った。




――竜星涼さんと松井玲奈さんは今回、教師役。最初にオファーを受けたときの感想から教えてください。

竜星「以前、ほかの作品で先生役(「オトナ高校」テレビ朝日系・2017年10月期)をやらせていただいたことがあって。でも、そのときは生徒たちがみんな僕よりも年上の方たちばかり。とてもやりづら…いや、やりやすくさせてもらった現場なんですね(笑)。だから今回、若い生徒たちと晴れて先生役が出来るってことで、うわっ、うれしい!って思いました。まぁ、ふたを開けてみたら水商売を教える学校だったんですけどね(笑)。とはいえ毎回、生徒たちと熱い授業を繰り広げる骨太の学園ドラマです!」


松井「最初は生徒を前に、ちゃんと先生としてしゃべれるのかなって不安もありました。でも、教えるのはキャバクラ嬢としての極意ばかり(笑)。私も知らないことがすごく多かったですし、撮影を通してキャバクラ嬢は接客のプロなんだなってことが理解できました。あと先生らしくホワイトボードを使って授業もしてみましたが、私が学生時代、何気なく受けていた授業で先生たちはすごく大変なことをしていたんだなってことも実感できて。またひとついい経験が出来たなって思います」


――お2人は「オトナ高校」でも共演されてるんですよね?

竜星「そうなんです」

松井「でも、同じシーンがなくて」

竜星「僕なんか、後になってから共演したことを知りましたから(笑)」

松井「私は知ってましたよ。だから竜星さんは先生のイメージが強いんです」

竜星「ホントですか?」

松井「いつも先生役をやっているって思っていました(笑)」

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)