溝端淳平主演「仮面同窓会」同級生役で瀧本美織、木村了、佐野岳、廣瀬智紀の出演決定

TV 公開日:2019/04/18 13
この記事を
クリップ

俳優の溝端淳平が主演を務める6月1日(土)スタートのオトナの土ドラ「仮面同窓会」(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット)。本日、溝端演じる主人公・新谷洋輔の同級生役として瀧本美織木村了佐野岳廣瀬智紀が出演することが発表された。



「仮面同窓会」は、出来心から始まったいたずらが不可解な殺人事件となり、高校時代の友人たちは疑心暗鬼に陥り、お互いの腹を探り合い人生を狂わせていくストーリー。『火の粉』(ユースケ・サンタマリア主演・オトナの土ドラ2016年)、『検察側の罪人』(木村拓哉主演・2018年公開映画)などで知られる、現代ミステリーの名手、雫井脩介の同名小説を原作に、張り巡らされた伏線、むき出しの人間の本質を描いていく。

瀧本が演じる竹中美郷は、洋輔の高校時代の憧れの存在。ストーカーにつけられているところを偶然洋輔と再会し、そのピンチを救ってもらったことから距離が近づくようになる。そして佐野が演じる皆川希一、木村が演じる大見和康、廣瀬が演じる片岡八真人の3人は洋輔の幼馴染役。洋輔を含む4人が出来心でしたイタズラから思わぬ事件が展開されていく。

瀧本、佐野、木村、廣瀬の4人からコメントも到着した。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連記事