磯村勇斗が“ビビり顔”公開「いい仕事した」

TV 公開日:2019/04/16 4
この記事を
クリップ
}/

AbemaSPECIALチャンネルにて、毎週日曜夜9時放送のレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」4月14日の放送回では、3月31日に放送された番組のこれまでの軌跡を振り返る「GENE高AWARD」の中から、時間が足りず紹介しきれなかった未公開シーンや、伝説の名場面が放送された。

そして、番組の後半にはスペシャルゲストとして、AbemaTVで4月28日(日)よりスタートするドラマ「御曹司ボーイズ」に出演する、俳優の磯村勇斗が登場。




スタジオでは、磯村とメンバーの片寄涼太、数原、関口の4人が、風船が割れた時にビビらずプリンス顔を保てるかを競う「風船割れてもプリンス顔選手権」に挑戦することに。1人目の挑戦者は、「王子の顔芸とくとご覧あれ」と満面の王子スマイルで意気込みを語った片寄。大きな風船を抱え、風船を割ろうと試みる片寄は、なかなか割れない風船に段々と恐怖を感じてしまい「あ~」と声を出しながら風船を割った。

続いて挑戦した関口は、「結構いけると思う」と答え、少し前かがみになりながら、あえて“変顔”を作り風船を割ろうとするが、またしてもなかなか割れない風船に悪戦苦闘を見せた。

そして、スペシャルゲストの磯村の番では、「御曹司だから絶対怖がっちゃいけないですよ」と、自信満々に意気込みを語るものの、風船を割ろうとした際に、「1回ブレイクタイム、ちょっと怖いね」と答え、スタジオの笑いを誘った。

最後の数原は、舌を出す変顔をし、その怪力でみんなが苦戦した風船を一瞬で割るという作戦で勝負した。

全員の挑戦が終わり、スロー映像で表情を確認した結果、優勝は磯村に決定!磯村は、「いい仕事したので気持ちよく帰れます」と、嬉しそうに感想を語った。

「Abemaビデオ」にて無料で視聴が可能。気になる方はぜひチェックしてみよう。

(C)AbemaTV

この記事の画像一覧