松坂桃李「夢だけで恋愛はできない」ラブストーリー初挑戦の想いを語る

TV 公開日:2019/04/16 4
この記事を
クリップ
}/

松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』が今夜9時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットでスタートする。

『パーフェクトワールド』は、不慮の事故により突然車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂桃李)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、心を通わせていくことで樹の生き方が変化していくラブストーリー。主演の松坂桃李が連ドラでラブストーリーに挑むのは初めてのこと。また、第1話のエンディングにて、米津玄師菅田将暉のために作詞・作曲・プロデュースしたドラマ主題歌『まちがいさがし』の音源が初解禁となる。



第1話は、ある日、二人が職場の飲み会をきっかけに偶然再会するところから始まる。樹は、つぐみの初恋の相手であり、バスケ部のキャプテンとして誰から見ても憧れの存在だった。偶然の再会、そして、樹が夢を叶え、渡辺剛(木村祐一)が社長を務める設計事務所で一級建築士として働いていることを知り胸が高鳴るつぐみ。目を輝かせながら高校時代の思い出を語り、さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、次の瞬間、樹が車いすに乗る姿を見て絶句。実は、樹は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなっていたのだ。

事故により下半身不随になりながらも、前向きに仕事に向かう樹の姿に惹かれていくつぐみ。しかし、惹かれるほどに、親の反対や恋敵の出現、病気やケガなどの問題に直面していく。相手を幸せにしたいと思えばこそ、時に相手を傷つけてしまったり、想いとは裏腹な行動に出てしまったり…、行き違う二人はどんな決断をしていくのか?

台本を読んだ松坂に感想を尋ねると「“夢だけで恋愛はできない”ということを、この作品はすごく伝えていると思います。学生時代の恋愛とは違った恋愛ドラマなので、特に働いている大人のカップルの方に見てほしい。乗り越えなければいけない障がいって、大人が恋愛すると結構いろいろ出てくると思うんです。相手のことだけでなく、その先だったり、周りだったり。相手が今抱えているものを考えなくてはいけない、考えざるを得ない。今回は車いすという形で伝えていますが、それだけではないと思います。この作品が、そういう方々にとっての励みとなり、何か乗り越えるきっかけになるドラマになれば、一番素敵だと思います」と語った。

また今回、車いす生活を送る樹を演じるにあたり、どんなことを意識しているのか尋ねると「“出来ないことは出来ない”という自分を受け止めることです。車いすになってしまってから、自分では出来ないことがあって、それを受け止めて、どこで線引きしてしまっているのかということは、結構大事だと思うんです。それによって人との距離感が変わってくると思うので。その空気感は大事にしたいです」と繊細な心情の変化に思いを寄せる松坂。さらにドラマを通して伝えたいメッセージについては「主人公が車いす生活を送っている設定ではありますが、物語の軸としては、欠けている二人がそれぞれ補い合って一つの景色に向かって歩んでいくという物語です。なので、ぜひみなさんも身近な何かに置き換えて見ていただきたいです。もしお付き合いをされている方がいるなら、その方と『一緒にやっていこう』と前向きに考えられるきっかけになれるようなドラマになればうれしいです。“一人で頑張りすぎない”ということは、大事だと思います」と答えた松坂。

『パーフェクトワールド』の原作は有賀リエ(あるが・りえ)が描く、女性コミック誌「Kiss」(講談社)に連載中の「パーフェクトワールド」(累計部数170万部を突破)。ネット上のコミックレビューでは「覚悟がいる恋愛に涙がでました」、「障がいに対して、無意識に偏見を持っていたのを自覚させられた」、「漫画のようにうまくいく事ばかりではないが、私や世間が先入観や偏見を少しでもなくしていけたらいいなと思った」といった感想が寄せられ、幅広い層に影響を与えている。その反響は海外にもおよび、世界11ヵ国で翻訳出版、特にフランスでの評価が高く、漫画雑誌「AnimeLand」では2016年ベスト少女漫画を受賞、海外でも愛されている作品であり、ドラマ化にあたって注目を集めている。

互いに欠けているところを補い、支え合いながら生きていく大人のためのラブストーリーを、ぜひチェックしてみていただきたい。


(C)カンテレ

この記事の画像一覧