松田るか「賭ケグルイ」皇伊月役、再現度の秘訣に迫る「アニメや原作は何回も見た」

TV 公開日:2019/04/16 26
この記事を
クリップ
}/

穏やかな口調で「さぁ、賭けグルイましょう」という女子高生のキャッチで話題となったドラマ「賭ケグルイ」続編がいよいよスタートした。舞台は政財界に君臨する有力者の子女が多数通う私立百花王学園。生き残るためにはギャンブルで勝つしかないというとんでもない学園に転校してきたのが蛇喰夢子(浜辺美波)。美少女にもかかわらず、彼女は想像もできないほどのギャンブル狂である。シーズン1では原作のビジュアルと同じ髪型、お嬢様キャラと狂気のギャップを完全再現した皇伊月を松田るかが好演し、大きく話題となった。そんな彼女が「賭ケグルイseason2」では再び表舞台に上がり、夢子と共闘する。そこで松田るかに直撃インタビュー!




――「賭ケグルイ」のシーズン2が決まったときの感想は?

「やった~!って感じでしたね。アニメも見ていたので、再び皇ちゃんを表現できるのが楽しみで。あと、キャストが一緒っていうのもめちゃめちゃうれしかったです。実際、現場に入ってもスタッフはほとんど変わっていませんでしたし、とてもいい空気の中、芝居ができたんじゃないかと思います」


――改めてお伺いします。皇伊月はどんなキャラクターですか?

「自分のやりたいことにすごく素直に従う子。素直がゆえに、夢子にコテンパンに負けちゃうんですけどね。たぶん、駆け引きはそれほど上手じゃないのかな。意外と誠意もあるし。巧妙な駆け引きを学んで日本の上に立つ人材を教育する学園とは反する人間なんじゃないかと思います」

1/3ページ