福山雅治、中村アンから褒められないと訴え「もっといやらしいことを考えているんです」

TV 公開日:2019/04/14 13
この記事を
クリップ

4月21日よりスタートするTBS系日曜劇場「集団左遷!!」の放送に先駆けて、プレミアム試写会が、14日に都内で行われ、主演の福山雅治と共演者がサプライズゲストとして登場した。




今作は大銀行を舞台に支店が本部への下克上に挑み、廃店が決まっている蒲田の支店長を福山が演じている。撮影エピソードを聞かれた福山は、「身体にこたえたシーンが多いですね。坂道を走るシーンは一番ふとももにきましたね。意外に下りってキツイですね」と振り返った。また走る車にしがみつくシーンがあるそうで、「トム・クルーズさんみたいなやつでしょ。実際に車につかまって走りましたよ。だってトム・クルーズですよ。トムもやっているんだから僕もやらないといけないですよね。アザとか擦り傷とか筋肉痛とかもありましたけど、まだまだ頑張りますよ」と日本の二枚目の代表格としては譲れないところだ。

福山と共演した印象を聞かれた橋本真実は、「本当にお話し上手で聞き上手なので、ついつい余計なことをいっぱい話してしまっています。現場で私のプライベートがささされることもあります」と明かした。福山は、「橋本さんの印象は普段のメイクをしていない状況から、メイクをして眼鏡をかけて髪を束ねるときのセクシーさがたまらないんですよ」と絶賛すると、中村アンから、「私には一度も言ってくれないんですよ」と突っ込みを入れられると、福山は「言わないということはもっといやらしいことを考えているんですよ」と切り返し笑わせた。

福山と同じ昭和44年生まれの高橋和也は、「福山さんはミュージシャンをやりながら俳優をしながらトップを走り続けている。僕自身もミュージシャンをやりながら俳優をしながらやっていて、やはり悔しくてうらやまいい存在だったんですよ。今回はこれっだけガッツリ絡ませていただいて、福山さんの優しさとか、そこにちょっと惚れましたね。本当に男が惚れる支店長なんですよ」と大絶賛。そんな高橋の告白?を聞いた福山は、「光栄ですよ。お付き合いさせて下さい」と高橋を抱きしめた。

中村は、「男だけでなく女性も惚れますよ。福山さんの人柄からこのチームワークが生まれましたし、番宣に貪欲で一生懸命なんですよね。こんなスーパースターなのに本当にすごいと思います」と話した。

試写会には、福山雅治のほか、神木隆之介・井之脇海・迫田孝也・増田修一朗・谷口翔太も出席した。なお今作は21日から毎週日曜午後9時から放送。初回は85分スペシャルとして放送される。

この記事の画像一覧 (全 19件)