温水洋一「さぞ大変だろうな」キスマイ藤ヶ谷太輔との共演の感想を語る

TV 公開日:2019/04/13 11
この記事を
クリップ

ドラマ、映画、舞台にかかせない名脇役の一人、温水洋一が、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔主演、フジテレビ系連続ドラマ「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season 1」で、藤ヶ谷演じる主人公・葛城圭吾の家の顧問弁護士を熱演。意外にも、温水にとって初の弁護士役だという。



物語は20年前に起きた誘拐事件から始まる。双子の兄・葛城勇吾(藤ヶ谷太輔/二役)が何者かに誘拐されてしまった弟・圭吾。生死すらわからない兄を見つけ出すために刑事になったが、そんな中、一件の殺人未遂事件が発生。現場の遺留品から圭吾と同じDNAが発見され、圭吾は犯人として疑いをかけられることに。毎話どんでん返しの連続で究極の心理サスペンスだ。

温水は、葛城家の財産管理をする顧問弁護士・尾見門丞役で、藤ヶ谷演じる圭吾を影ながらサポートする重要な役どころ。撮影前に行われた衣装合わせで、監督と尾見門の性格などを綿密に確認した温水。そんな中、ふと「弁護士役は初めてかも」とポツリ。「え、本当ですか?」と驚くスタッフたちに「あっち側(犯人側)はよくあるんですけどね(笑)」とはにかみながら呟き、現場は笑いに包まれた。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連記事