高田秋、うっかり発言で恋人発覚!?「ビジュアル系バンドではないです」

TV 公開日:2019/04/12 9
この記事を
クリップ

「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「AbemaSPECIALチャンネル」において、レギュラー番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#109を4月15日(月)夜9時から放送する。

今回は、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”にモデルでグラビアアイドルの高田秋、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子、お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長を迎えて送る。




オープニングトークでは、にゃんこスターのアンゴラ村長に、矢作が「アンゴラ村長は芸人の中でも“可愛い”と言われる方じゃない?」と話しかけると、自称“ブス”メンバーのお笑い芸人から「いや違いますね!一緒にライブに出ていた時は小汚かった。それで『キングオブコント』で売れてから、どんどん綺麗になっていった」とツッコミが。これにアンゴラ村長が「(昔は)メイクで眉毛の書き方すら分からなかった。でもテレビ局に行くと、メイクさんがメイクをしてくれるから、それで覚えました」と明かす場面も。

続いて、前回番組に出演した際に「一緒に飲む方は、50代や60代の方が多い」と話していた“美人コメンテーター”の高田に、おぎやはぎの2人が「恋愛対象は30代とか?」と質問。スタジオの自称“ブス”メンバーからも「(高田さんは)彼氏いますね」、「ビジュアル系バンドの彼氏」などの意見が飛び交い、これに高田が思わず「ビジュアル系バンドではないです」と回答した事で、矢作さんが「“ビジュアル系バンドではないです”って言っちゃった」と突っ込み、スタジオに笑いが起こる。

そんな中始まった最初のテーマ「紅一点のブス」では、出演者に男性の集団に紛れ込む紅一点の女性の実態について聞いていく。そこで高田が飲み会で目撃した紅一点の中ボディタッチが多い女性、そして大久保が喫煙所で遭遇した紅一点の状況なのに、男性にダメ出しをしていた女性の実態とは!?4月15日(月)夜9時からの放送を、ぜひお見逃しなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)