V6長野博、好きが高じて栽培していた“あるもの”に仰天

TV 公開日:2019/04/09 5
この記事を
クリップ

4月10日(水)放送のMBSテレビ「水野真紀の魔法のレストラン」で、 レギュラー出演するV6長野博が、パン好きが高じて、“すごいもの”を栽培していた過去を明かし、出演者を仰天させる一幕がおこる。



番組では、 大阪のパン激戦区、 梅田・本町・心斎橋を舞台に、 「街のパン好き女子に聞いた人気のパン店ベスト3」を、 3チームに分かれた出演者が大調査。 ロザン宇治原とチームを組んだ長野は、 本町エリアの人気NO.1店「パンデュース」へ。 野菜パンの巨匠が作った100種類以上のパンの中から長野が選んだのは、 1つ1500円の素朴な食事パン。 実は、 「スペルト小麦」という希少な古代原種の小麦が使われていることが、 シェフから明かされると、 長野は自分も「スペルト小麦」を栽培したことがあり、 それでパンを作ったと衝撃の告白。 宇治原も、 その探求心に「変態ですわ!」と舌を巻いた。 さらに、 1時間半待ちの食パン専門店「銀座 に志かわ」では、 製法の秘密が気になる長野からの質問攻めに、 思わずシェフが企業秘密をもらしそうになるなど、 あふれ出るパン愛を爆発させた。

また水野真紀・ロザン菅とともに梅田エリアの人気パン店を調査したのは、 今、 注目の若手女優、 福本莉子。 58軒のパン店の中から、 街のパン好き女子に選ばれた新店「メゾンカイザー」で、 1日800個売れるクロワッサンを試食した。 沢口靖子や長澤まさみを輩出した「東宝シンデレラオーディション」で、 約1万人の中からグランプリに輝いた福本は、 その賞金額を聞かれ「300万円」と包み隠さず答え、 さらに推薦者にも100万円が渡されたことを赤裸々に明かし、 菅を驚かせた。 最終的に、 パンシェルジュの審査により、 梅田・本町・心斎橋131軒のパン店の中から、 「大阪ベストパン」が選ばれた。
 
この模様は4月10日(水)よる7時から、 MBSテレビ『水野真紀の魔法のレストラン』で放送。


(C)MBSテレビ

関連タグ