山下智久、34歳の誕生日を濱田岳&菜々緒がお祝い「生まれてきてくれてありがとう」

TV 公開日:2019/04/10 27
この記事を
クリップ

山下智久が、9日に都内で行われた自身が主演を務めるドラマ「インハンド」(TBS系・4月12日(金)夜10時スタート)の試写会の後に行われた舞台挨拶に、共演の濱田岳、菜々緒と共に出席した。

本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる漫画を実写化。変わり者でドSな天才科学者・紐倉哲(山下)×お人よしな熱血助手・高家春馬(濱田)、クールな美人官僚・牧野巴(菜々緒)の3人が力を合わせ現代社会に怒る摩訶不思議な難事件に挑む全く新しいヒューマンサイエンスミステリー。




山下は、「(紐倉は)一見嫌なヤツなんですけど、とにかく自分の興味のあることに関してすごく情熱的。それが回を追うごとに徐々に見えていければ。1話では読み切れない、最終話まで観て頂いて初めて完結するような、奥深い変わった科学者役だと思います」と自らの役柄について語った。

それに続いて山下の助手役の濱田は「撮影が進んできているんですけど、その中でわかってきたことは、(紐倉と高家は)昭和のよき夫婦みたいな感じです。僕が奥さん側で、研究所の掃除とか、お手伝いを甲斐甲斐しくやっています。でも(紐倉は)感謝の気持ちを言わないんです。このドラマ、金曜夜ですけれども、良き夫婦像がみえる朝ドラの要素がある贅沢なドラマです」と山下&濱田の良いコンビっぷりをアピール。山下&濱田の様子に、菜々緒は「この2人がいつもいちゃいちゃしているのを微笑ましく見ているっていう感じでやらせて頂いています」とコメントし、会場を沸かせた。

そして会見が行われた9日は、山下の34歳の誕生日。突然会場に音楽が流れると、司会の合図に合わせて濱田と菜々緒が、山下の似顔絵があしらわれた“インハンドオリジナル”ケーキを運んで登場し、会場は大歓声に沸いた。

山下がろうそくの火を吹き消すと、会場は「おめでとう~!!」の歓声でいっぱいに。山下はケーキを見て「すごく嬉しいですね。こんなに沢山の方の前でお祝いしていただいて、いい年になるんじゃないかなという予感しかしないです。ありがとうございます」と語った。

そして濱田は「34歳一発目の連ドラにご一緒できて…、ちゃんと支えていこうと思います!」とお祝いの一言を伝えると、それに続けて菜々緒も「この場の皆を代表します。生まれてきてくれてありがとうございます!」と山下にお祝いのコメントを送った。

この記事の画像一覧 (全 6件)