我が家・坪倉、内田有紀の夫役に「ドキドキしています」

TV 公開日:2019/04/04 8
この記事を
クリップ

TBSで4月16日(火)よる10時からスタートする、火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」で、内田有紀演じるワーキングマザー・賤ケ岳八重の夫・丸山陽介役で、お笑いトリオ・我が家の坪倉由幸の出演が決定した。

本作は、自身も会社員を経験しており、作品ごとの徹底的な取材と軽快な筆致による作風で人気を博している朱野帰子(あけの・かえるこ)のお仕事小説「わたし、定時で帰ります。」シリーズ(新潮社刊)をドラマ化。「働き方改革」が叫ばれる現代にこそ観てほしい、現代に働くすべての人を応援する“心温まるワーキングドラマ”だ。

坪倉が登場するのは第2話から。育休から職場復帰する妻・八重に代わり、育休を取って双子の育児に奮闘する優しい夫という役柄だ。




坪倉はクランクイン後、2日目の撮影でついに内田と共演。初対面ながら息ぴったりの演技で、双子の赤ちゃんと4人でいるシーンでは、まるで本当の家族のような雰囲気で、現場を和ませた。共働き世帯が増え、育休を取得する男性も年々増加している現代のリアルな夫婦の姿を描く2人のシーンにも注目だ。

また、2人の共演シーンは、4月4日(木)よる10時放送の「櫻井・有吉THE夜会」で初公開される。


<坪倉由幸 コメント>
以前、『アンナチュラル』(2018年・TBS)で初めてお父さん役をやらせていただいたのですが、実際は結婚もしたことないし、子どももいないのに周りの方から好評でうれしいです。赤ちゃんを抱いていると癒されますね。笑っているときももちろんかわいいですが、泣いていてもかわいいです。正直、内田さんが奥さんというのは、ドキドキしています(笑)。今回が初めましてだったのですが、本当に素敵な方で、(僕に対して)優しそうという印象を持ってくださっていたみたいで光栄です。かわいい子ども達と素敵な家族に見えたらと思います。ぜひ、毎週火曜日は定時に帰って、このドラマをご覧になってください。


(C)TBS

この記事の画像一覧 (全 3件)