「月曜から夜ふかし」で注目の青山めぐ、連ドラ初レギュラーで知的な秘書役に

TV 公開日:2019/04/02 17
この記事を
クリップ

「月曜から夜ふかし」(NTV)の企画“もも時計”で注目を集めた青山めぐが、4月22日スタートのドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」(NTV)にレギュラー出演することが分かった。



青山は、レースクイーンとして芸能活動をスタートし、現在はグラビアやラジオ、バラエティー番組などで活躍している。そして日本人離れしたエキゾチックな顔立ちと抜群のスタイルで、ドラマや映画で“派手な女性”“綺麗でスタイルのいい女性”“セクシーな女性”などといった役柄があると各所から声がかかり、女優としても数々の作品に出演。公開中の映画「マスカレード・ホテル」ではセリフこそ無いが、非常に印象的な役柄で作品に参加している。

そして今回、連続ドラマに初めてレギュラーキャストとしての出演が決定。しかも“もも時計”で話題を集めた「月曜から夜ふかし」放送後のシンドラ枠「頭に来てもアホとは戦うな!」だ。このめぐり合わせに青山は、「自分のことなのに自分でびっくりしました!豪華なキャストの方とご一緒できる事にもびっくりしましたし、なによりお世話になっている『月曜ら夜ふかし』のすぐ後に放送されるドラマという事にもびっくり!とにかくご縁を感じました!」と目を輝かせる。

「月曜から夜ふかし」では“もも時計”のほか、 “ノーバン始球式ならぬノーパン始球式?”や“乳首シリーズ”などの斬新な体当たり企画に出演し話題沸騰。体当たりすぎてマネージャーが止めに入ったり、シンプルに楽しんで企画を実行する青山のやり取りも人気の企画。青山は、「毎回お声がかかるのが待ち遠しいし、現場でもみんなで笑っちゃってます」と、とにかく楽しんで撮影に臨んでいる様子。

「頭に来ても~」で青山は、佐藤隆太演じるおもちゃ会社「サイトー」社長・延暦寺タテルの秘書、高梨凛子を演じる。「今回台本を読んでクールな女性をイメージしていて、監督とお話しさせて頂いた時にクールに加えて「知的で余裕がある」というキーワードが加わり、「今まで秘書役や様々な役をやらせて頂いた中で“知的”というのは初めてだったので、その日から『知的で余裕のある女性』は常に課題になりました。」と青山。それから移動中や仕事先で知的に見える女性を探しては、しぐさや話し方を研究していたそう。体当たり企画で話題の青山めぐがドラマで見せてくれる姿にも期待したい。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ