山本美月、リアルな恋愛観を赤裸々告白「結婚を考える!」

TV 公開日:2019/04/02 5
この記事を
クリップ

女優の山本美月が、9日に放送される「グータンヌーボ2(読み方:グータンヌーボヌーボ)」(カンテレ、深夜0時25分~※関西ローカル)に、フリーアナウンサーの吉田明世と共にゲスト出演する。




「グータンヌーボ2(読み方:グータンヌーボヌーボ)」は、長谷川京子、フリーアナウンサーの田中みな実、モデルの滝沢カレン、 そして昨年末に乃木坂 46を卒業した女優・西野七瀬の4人がMCを務めるガールズトークバラエティー。MC陣の中から毎週1名が女性ゲストと都内近郊のカフェやレストランを訪れ、ロケを敢行。台本無し、据え置きカメラのみの密室空間で、ゲストと恋や生き方についてたっぷり語り合う。 

4月9日の放送には、ドラマ「パーフェクトワールド」(4月16日スタート 毎週火曜よる9時 カンテレ・フジテレビ系全国ネット)に出演する女優・山本美月が登場する。フリーアナウンサーの吉田明世と共に約3時間のガールズトークを繰り広げた。MCの長谷川と山本の縁は深く、共にファッション誌「CanCam」の専属モデルを務め、その後、女優として活躍の幅を広げてきた“先輩”“後輩”の関係。これまでにドラマで2回共演した2人だが、ゆっくり会話する機会はなく、今回のロケが初めてのガールズトークとなった。

ロケでは、“先輩”の長谷川がMCとしての余裕を見せ、モデル時代について山本に「どうだった?」などと尋ね、当時の苦労話を引き出す場面も。その中で、山本がモデルを志したきっかけも明らかになる。また、「恋愛したい!」と話す山本に長谷川は「なんでできないの? 絶対モテないわけないのに!」と、直球の質問をぶつけ、山本の恋愛事情を聞き出していく。“先輩”長谷川の巧みなMC術に、ロケの序盤は緊張気味だった山本も、徐々に緊張がほぐれていったようで「○○な時に彼氏がほしくなる!」「この年になると結婚を考える!」と、リアルな恋愛観を赤裸々に語る!

ロケを終えた長谷川に、山本の印象を尋ねると「かわいかったです。話せば話すほど、かわいさがにじみ出てきて。最初は緊張もあったと思います。“自分が何をどこまで話していいのか”という不安があったからか、ちょっと警戒心を感じましたけど、どんどん本性がでてきて。すごく真面目だなと思いました。もう親目線ですね(笑)」と、“先輩”というよりも“親”目線で山本との会話を楽しんだ様子。一方「あっという間でした。楽しかったです!」と、ロケの感想を口にした山本。ロケの前後で長谷川に対する印象が変わったと言い、「憧れでキラキラした存在で、私がお話していい相手だと思っていないくらい“手の届かない方”というイメージだったのが、こんなに気さくにお話してくださって、うれしかったです。“長谷川さんのような大人の女性になりたい”と思いました!」と振り返った。

山本美月が出演する『グータンヌーボ2』は、4月9日(火)深夜0時25分から関西ローカルで放送される。番組は放送後の翌日水曜日午前10時から、Amazon Prime Video、カンテレドーガ、TVerなどで配信される予定。


長谷川京子 コメント>
Q 山本美月さんの印象はいかがですか?
かわいかったです。話せば話すほど、かわいさがにじみ出てきて。
最初は緊張もあったと思います。“自分が何をどこまで話していいのか”という不安があったからか、ちょっと警戒心を感じましたけど、どんどん本性がでてきて。美月さんはご両親に対してすごく素直で、きちんと言うことを聞いているなと思いました。私は、“言われたことに全部反発しよう”と思って生きてきたので(笑)。美月さんはすごく真面目だなと思いました。もう親目線ですね(笑)。

Q モデルを経て女優として活躍されてきた長谷川さん。今回MCで役に立ったことはありますか?
私は演技をする際に自分をさらけ出すのではなく、オリジナリティーをもって役を構築していくんです。
『グータンヌーボ2』では、何の気負いもなく喋らせてもらうことで、自分の出し方が分かってきました。なのでお芝居に戻った時に、オリジナリティーがより出せるようになるのではと期待しています。

山本美月 コメント>
Q 3時間のロケはいかがでしたか?
あっという間でした。楽しかったです! 先輩って、いいなと思いました。友達も年上の方が多いので、安心感みたいなものがあって。長谷川さんとは今まで2回ほど共演しているのですが、しっかりお話させていただいたのは初めてでした。“長谷川さんのような大人の女性になりたい”と思いました。お肌がキレイで、ずっと見ていました。

Q ロケの前後で、長谷川京子さんの印象は変わりましたか?
長谷川さんは憧れでキラキラした存在で、私がお話していい相手だと思っていないくらい“手の届かない方”というイメージだったのが、こんなに気さくにお話してくださって、うれしかったです。

Q モデル時代に培ってきたことが、今の女優業に役立っていることはありますか?
取材の時など、カメラマンの前でポージングを求められたときに動くことができるので、そういう時は“モデルをやっていてよかったな”と思います。撮影が早く終わります(笑)。


(C)カンテレ