福山雅治、主演ドラマで初共演のベテラン・三上博史に「ビビった」

TV 公開日:2019/03/31 12
この記事を
クリップ

歌手で俳優の福山雅治が31日、都内で行われたTBS系連続ドラマ「日曜劇場 集団左遷!!」(4月21日午後9:00スタート)の制作発表会見に香川照之神木隆之介中村アン井之脇海高橋和也迫田孝也増田修一朗谷口翔太橋本真実市村正親酒向芳八木亜希子尾美としのり 三上博史と参加した。




50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長になった片岡洋(福山)が、リストラ寸前の銀行員たちと協力して大逆転に挑む下剋上ドラマ。福山にとって「半沢直樹」「陸王」などを生み出した日曜劇場枠初主演作で、TBS系連続ドラマへの出演は約21年ぶりとなる。


廃店阻止のために“頑張る”片岡をコミカルかつ熱く演じる福山は「現場ではめちゃくちゃ頑張っています!」とアピールし「キャスト・スタッフともに熱い現場で、僕の意気込みよりも、さらに熱い意気込みを感じています。放送前に盛り上がっているチーム感もあって、もはや打ち上げのような空気感は自分も初めて。どうして今日はお酒がないんだ!?という感じです」と撮影開始1か月にしての強い絆を強調した。


徹底した合理化を目指す常務取締役人事担当・横山輝生役の三上とは初共演。三上といえば平成のトレンディドラマを牽引してきた超ベテランゆえに、福山は「横山輝生はミステリアスで怖い役柄。それにピッタリ。三上さん自身もミステリアスで怖いイメージだったので、ビビって現場入りしました」と告白。しかし実際は「フランクに話をしてくれるし、自分が昔住んでいたところにも近く、お店情報などをもらっています。でもいまだにビビっています。大先輩ですからね」と笑わせた。


その三上は福山との初共演に「僕は素人みたいなもので最近は仕事もしていない。だから福山さんのことはテレビで拝見していた感じ。実際にお会いして『本当にいるんだ!』と思ったほど」と爆笑をさらうと、すかさず福山も「それは僕だって同じですよ!」とツッコんでいた。

この記事の画像一覧 (全 8件)