新婚ベッキー 「あいのり」への思い入れを明かす「高校時代から視聴者」

TV 公開日:2019/03/29 27
この記事を
クリップ

今年1月に巨人軍コーチの片岡治大氏と結婚したタレントのベッキーが29日、都内で行われた「フジテレビ2019年度FODコンテンツ発表会」に参加した。


結婚祝福に「ありがとうございます。気を使っていただいて」と恐縮も嬉しそうなベッキーだったが、司会の佐野瑞樹フジテレビアナウンサーから片岡氏についての話題を振られそうになると「も~!『めざましどようび』で使いたいんでしょ?」とけん制。さすがの佐野アナも「(片岡氏ネタは)ダメなようです」とあきらめていた。

「あいのり:African Journey」のスタジオMCを務めるベッキーは「高校時代から視聴者としても大好きなカリスマバラエティ番組。母親が録画を忘れるとブチ切れていたくらい」と思い入れを明かし「恋愛観察バラエティだけれど、恋愛だけではなく国の情勢、文化、人間についても学べる。人間偏差値を上げることができる」とアピール。


今回は妻・ベッキーとして臨むことになるが「何も変わらないと思います。通常営業であーだこーだ人の恋愛について言わせていただきます」と心境の変化はないようで「視聴者の皆さんも一緒にキュンキュンしてもらって、私も色々と学びたいです」と自然体だった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ