「花にけだもの」中村ゆりか&杉野遥亮に亀裂?待望の続編スタート

TV 公開日:2019/03/22 8
この記事を
クリップ

「花けだ」が帰ってきた。

2017年秋に配信された、dTV×FOD共同製作ドラマ「花にけだもの」(杉山美和子同名コミック原作)は、“けだもの男子”たちとの波乱の恋を描く青春ラブストーリー。中村ゆりか杉野遥亮松尾太陽甲斐翔真入山杏奈の5人が、高校生の恋や友情をフレッシュに演じ、第1話を公開しているYoutubeの再生回数が500万回を突破している。“けだもの男子”とは、女の子に優しい(=女好き)・強引で男らしい(=ワイルド)・好きな子の前だけ素直(=一途)な男子たちのことで、ドラマでは胸キュン度MAXの台詞やシーンが満載。SNSを中心に、胸キュンならぬ“けだキュン”する人を続出させた。

そんな本作の続編「花にけだもの~Second Season~」が、dTV、FODにて2019年3月23日(土)から配信スタートとなる。2月に続編決定のニュースが流れると、SNS上では「待ってました!!」「続編❤ほんとにうれしい」「ニヤニヤが止まらない」「絶対見ます!!!」と歓喜の声が多数上がった。

続編の物語は、前作から2年半後、卒業を控える久実(中村ゆりか)、豹(杉野遥亮)、千隼(松尾太陽)、竜生(甲斐翔真)、カンナ(入山杏奈)の5人が、卒業後の進路に対して悩みを抱えながら、葛藤や気持ちのズレからそれぞれの恋愛関係にも迷いが生じてしまうという、原作で描かれていないオリジナルストーリー。

さらに、続編の今作には、原作には描かれていない3名のオリジナルキャラクターが登場。久実が尊敬し、進路の悩みを打ち明ける存在となる幼児教育家の橘真人(青柳翔)、豹の父の秘書である北島瑞樹(篠田麻里子)、カンナに好意を抱き、竜生の恋敵となる芦田俊(稲葉友)が、それぞれの進路や恋愛関係を惑わす。


気になる第1話のあらすじは…

久実が、豹や千隼たちのいる高校に転校し、出会ってから、2年と半年が過ぎ、高校3年生となった。豹は、受験を目指して猛勉強中。千隼、竜生、カンナはそれぞれ進路が決定し、千隼は自分自身をみつめたいと、世界をみる旅に出る。みんな、卒業へむけて少しずつ前に進んでいた。

そんな中、久実も東京の大学に合格するも、自身の進路について少し悩んでいた。受験に向け、必死に勉強を頑張る豹へ料理を作り必死にサポートする久実に、豹は「早くお嫁さんにしたい、今日は帰さない」とキスをし、「合格したらキューちゃん(=久実)とずっと一緒にいるんだ」と気持ちをぶつけるが、久実は少し浮かない表情をする。

カンナは大学も決まり、カフェでバイトをしていた。そこへ、カンナのことが大好きな竜生が毎日のようにやってきていた。そんな竜生に「もっとやることあるでしょ」と問うが、「毎日カンナさんを見つめることです!」と明るく言う竜生にどこか不満げなカンナだった…。





先日公開された予告映像では、豹(杉野遥亮)が「今日は帰さない」と久実(中村ゆりか)にキスをする“けだキュン”シーンで始まったかと思いきや、久美との親密さをうかがわせる橘真人(青柳翔)、「古いものは置いてかないと」と、いかにも豹と久美に亀裂を生じさせそうな瑞樹(篠田麻里子)の言葉が。そして、豹が久美に「俺はもっとキューちゃん(=久実)と分かり合えてると思ってた」と、すれ違う久美と豹の様子が映されている。SNS上では「すでに切なすぎて泣ける」「予告だけでも胸キュンが」「うわあ~~、早く観たい」「楽しみ過ぎます!」などと、ファンの期待はますます高まりを見せている。


こどもから大人へ――。

ドラマのキャラクターも、そして演じるキャストたちも成長して帰ってきた「花にけだもの」。続編がこれからどんな展開を見せるのか、大注目だ。



■dTV×FOD共同製作ドラマ「花にけだもの~Second Season~」
配信日 :2019年3月23日(土)※毎週土曜日更新
配信話数:全5話
原作:「花にけだもの」 杉山美和子(小学館「Sho-Comiフラワーコミックス」全10巻)
出演:中村ゆりか杉野遥亮松尾太陽甲斐翔真入山杏奈(AKB48)
稲葉友篠田麻里子青柳翔
主題歌:Da-iCE「一生のお願い」(ユニバーサル シグマ)

©杉山美和子/小学館(Sho-Comiフラワーコミックス)エイベックス通信放送・フジテレビジョン)

この記事の画像一覧 (全 6件)