「インハンド」山下智久がOP曲で作詞、涙なしでは見られない第1話に注目

TV 公開日:2019/03/22 14
この記事を
クリップ

TBSでは、4月12日(金)よる10時から山下智久主演の金曜ドラマ「インハンド」を放送する。

原作は「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名漫画。山下演じる主人公・紐倉哲(ひもくら・てつ)は、寄生虫を専門とする天才科学者。無愛想でドSの変わり者だ。買い取った植物園の巨大温室を研究所兼自宅とし、さまざまな動物たちと暮らしている。紐倉は 右手に黒いロボットハンドのような義手を装着している。だが、義手になった経緯は明かそうとしない・・・。

そんな変人であり天才の紐倉博士と濱田岳演じるお人好しの熱血助手・高家春馬(たかいえ・はるま)の凸凹バディが、菜々緒演じるクールでやり手な美人官僚・牧野巴(まきの・ともえ)と共に、最新科学と 医療にまつわる難事件に挑んでいくヒューマンサイエンスミステリーだ。

このたび、第1話のゲストとして、風間杜夫の出演が決定した。コミカルな役から重厚な役まで幅広い役を演じ分け、ドラマ・映画には欠かせない名優が本作の初回に重みを加える。




風間が演じるのは、シャーガス病という未知の感染病で一人娘を亡くした江里口新(えりぐち・あらた)。10年前、ある食品会社が発売した特定保健用食品のオイルが、日本では滅多に見られないシャーガス病を引き起こし複数の死者を出した。皮膚炎に悩んでいた江里口の娘は、藁をもつかむ思いでそのオイルを使用したところシャーガス病に感染。そして、それを苦に自殺した。

それから10年が経ち、新たにシャーガス病に感染した疑いのある患者が相次いで死亡するという事件が発生。シャーガス病について調べることになった紐倉たちは、被害者遺族の一人である江里口の元を訪ねる。娘を亡くした後、妻とも離婚し独り身の江里口は、広い家で一人、悲しみからまだ立ち直れないでいた・・・。江里口ら被害者遺族たちの心を救うため、紐倉たちは事件解決に挑む。

風間と主演・山下は今回が初共演。ドSの天才科学者役で新境地を開拓する山下と、70歳を目前に演技にさらなる深みを増した風間が、初共演でどのような化学反応を起こすのか期待が高まる。涙なしには見られない2人の感動シーンにも注目だ。

風間の起用について、プロデューサーの浅野敦也は「このドラマは最新科学にまつわるミステリーですが、紐倉たちが苦しんでいる人たちを救いだすヒューマンドラマでもあります。1話のゲスト・江里口役は非常に重要な役どころで、名優・風間杜夫さんであれば素晴らしいお芝居で情感豊かに演じてくださるに違いないと思いオファーしました。風間さんは、1話の台本がとても面白くて新しく、ヒューマンな魅力に溢れていると感じられると仰っていただき、お引き受けくださいました。山下さん、濱田さん、菜々緒さん、そして風間さんによる、感動のラストシーンにご期待ください!」と語った。

そして、脇を固める準レギュラー陣も続々と決定した。菜々緒演じる牧野が務めるサイエンス・メディカル対策室が属する内閣官房の副長官補・山崎裕(やまざき・ひろし)役に田口トモロヲ、危機管理官・大谷透(おおたに・とおる)役に松尾貴史、厚生労働省の医政局長・瀬川幹夫(せがわ・みきお)に利重剛。面倒な案件はできるだけ避けたいクセの強い官僚たちを、ベテラン俳優勢が個性たっぷりに演じる。
加えて、中盤からはNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(2016年)での好演も話題となった松下優也の出演も決定。紐倉の過去に関わる重要人物を演じる。多彩なメンバーでおくる金曜ドラマ「インハンド」、ぜひお楽しみに!

本作のオープニングテーマは、山下智久の新曲『CHANGE』(SMEレコーズ)に決定。同曲は山下自身がドラマのために作詞した楽曲。山下は、「『インハンド』のオープニングテーマを担当させていただくことになりました。この曲「CHANGE」は、“世界の惰性に流されずに、情熱と心に耳を傾けて信念を貫いていけば、未来をより良く変えていくことができる。”そんな主人公の心の声を描き、作詞させていただきました。誰かの希望になるよう心を込めて書きました。ぜひオープニング曲「CHANGE」と共にドラマ『インハンド』をお楽しみください」とコメントしている。なお、新曲「CHANGE」のリリースに関する情報は未定で、決定次第SMEレコーズの山下智久オフィシャルHPで発表される予定だ。


■第1話あらすじ
寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。
そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換 条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田岳)に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上 がってきて・・・。


(C)TBS