綾野剛が“時代遅れ男子”に認定!?新CMで見せた役者魂

TV 公開日:2019/03/18 7
この記事を
クリップ

綾野剛が出演する、1日使い捨てコンタクトレンズ「デイリーズ トータル ワン®」の新CM「時代遅れ」篇が2019年3月18日(月)よりテレビ放映される。

新CM「時代遅れ」篇では、前回に引き続きコンタクトレンズショップに買い物をしに来た綾野剛が、女性スタッフにコンタクトレンズで困っていることがないかを尋ねられ、「夜、(目が)乾くのはしょうがないですよね」とつぶやくと、周囲の店員さんやお客さんが一様に驚きを見せ、一瞬、時が止まってしまう。さらに、そこに不思議な双子の女子中学生が現れ、「いまどきいるんだ、そんな人。生感覚※を知らない人…」と、綾野剛の時代遅れ具合を指摘。綾野剛がとまどいながらも“生感覚レンズ。※”に出会うストーリー仕立てになっている。




前回のCM「生感覚レンズ」篇と同様に、ちょっと怪しげな雰囲気の「グノシエンヌ第3番」(作曲:エリック・サティ)をBGMに採用し、時が止まったり不思議な双子が登場したりする“現実に起こりそうで起こらない”絶妙な世界観を15秒という短い時間で演出している。

綾野剛の全身白の衣装、実は、綾野剛の逆提案で決まったという。CMコンセプトが前回の“新しい気づきを与える”から、今回の“体験してみたいと思わせる”へと進化している点に着目し、違いを明確に表現するために前回と異なった色の衣装を選ぶことを提案。さらに、「自分だけが時代に乗り遅れている」という孤立感を際立たせ、まるでスポットライトが当たっているかのようなイメージを作り出すために白い衣装を採用することになった。メッセージが一番伝わる方法を模索・提案し、衣装や髪型にまでこだわる綾野剛。そんな綾野剛の役者魂が垣間見える撮影となったようだ。

なお、ブランドサイトでは3月18日(月)に新CM15秒バージョンのほか、30秒バージョンやCM撮影のメーキング映像も公開。さらに「デイリーズ トータル ワン®」取扱店舗では、新しいビジュアルを用いた綾野剛のポスターや等身大パネル、リーフレットなどを展開する。


綾野剛 コメント>
前回の生感覚レンズのCMの反響が大きかったので、今回のCM出演も楽しみにしていました。生感覚レンズのCMシリーズは、ただのコンタクトレンズのCMではなく、見た人が「これは一体何なんだろう?」と思わず気になってしまうような作品。自分自身も撮影を楽しみましたし、双子の女優さんはじめ、共演者の皆さんの存在感も素晴らしく、このCMが持つシュールな世界観を見事に表現できたのではないかと思います。また、「生感覚レンズ」という革新的な言葉の響きは特別で、劣化しない。コンタクトレンズに新しい世界を作り出すお手伝いができたら幸いです。


<クリエイティブディレクター 長島慎氏(博報堂) コメント>
劇中の綾野さんのセリフにもあるように、コンタクトレンズが「夜乾くのはしょうがない」という諦めにも似た常識が、世の中には存在しています。しかし、ひとたび『生感覚レンズ』を知ってしまえば、それは、もはや時代遅れであるとわかるのです。そんな『生感覚レンズ』を知らないだけで、周りの人々から失笑される綾野剛さんの、切なくも情熱的な演技をお楽しみください。


■新CM概要
・タイトル:デイリーズ トータル ワン®「時代遅れ」篇(15秒、30秒) 30秒バージョンはウェブサイトでのみ公開
・放送地域:全国
・放送開始:2019年3月18日(月)

※装用感には個人差があります。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ