「はじこい」横浜流星が深キョンへ最高の告白、まさかの“鬼”に胸キュン

TV 公開日:2019/03/13 62
この記事を
クリップ

TBSで毎週火曜よる10時~放送中の「初めて恋をした日に読む話」(以下「はじこい」)。

物語はいよいよ佳境。先週放送の第8話で、春見順子(深田恭子)をめぐる四角関係から山下(中村倫也)がカッコ良すぎる離脱。予告では、いとこの雅志(永山絢斗)が順子にキスを迫るシーンが映され、第9話はついに“雅志ターン”か!と思われたが、匡平(横浜流星)が怒涛の追い上げ。“ユリユリ”ファン、いやファンでなくとも思わずニヤけてしまう、最高の胸キュンシーンが待っていた。そして、物語はまさかの展開へ。(以下ネタバレあり)


雅志(永山絢斗)の渾身のキスシーンは思いのほか早く訪れた。ロシアに3年の転勤を命じられた雅志。順子の家を訪れたものの、順子は牧瀬(高梨臨)との関係を無邪気に聞いてしまう。「牧瀬さん、昔から雅志のこと、、、」と進言しようとしたその唇をふさぐように、雅志が不意のキス。「うわ~~~~~~」と叫んだ順子(深田恭子)の顔は、気味の悪いものでも見てしまったかのような歪みようだった。

雅志一世一代のドラマ序盤で放送されたことについて、視聴者からは「しょっぱなこれきちゃうの???」「雅志の告白シーンが早すぎてビビった、もう来んの?!?って」と驚いた人も多かったようだ。




しかし後日、雅志は順子に“ちゃんと”プロポーズする。「順が誰かのモノになるかと思うと気が狂いそうになるんだ。誰にも渡したくない。渡さない。」「好きだ。小さい頃からずっと。今も好きだ。結婚してくれ。」涙目になりながら、少し震えた声で伝えた必死の言葉は、ストレートで、20年の想いをちゃんと順子に伝える言葉だった。


一方、匡平(横浜流星)はセンター試験に向け必死に勉強していた。「好きな女と毎日一緒にいて、よく押し倒さないでいられるよな。俺なら、、、3日?いや3日もたねぇ」という山下(中村倫也)らしい発言に対し、「めちゃくちゃそういう目で見てる、アイツのこと。けど我慢してる。」と順子への溢れる想いを正直に吐露する。そして、以前山下が順子の家に泊まったことを切り出すと、山下は「何もなかった」と安心させたのだが、その後「いや、ちょっと触った」と意地悪発言。しかしすぐさま、「ハハハ、嘘だよ。にらむなって。これで心置きなく受験できるな」と匡平を安心させた。

先生と生徒の会話であり、男同士の会話でもあるこのシーンは、ユリユリファンにも、離脱してしまった山下ファンにも嬉しいシーン。匡平(横浜流星)の胸キュンなセリフに純な反応、山下(中村倫也)らしいお茶目な発言と優しさが詰まっていて、「たった1分でも可愛さとかっこよさと可愛さと可愛さが大爆発」「ここ大好きすぎる!先生もうでないかと思ったけどダイダイ大満足」とお気に入りのシーンに上げる人が多かった。

そして、第9話で最も反響が多かったのは、やはり世界一可愛い“鬼”に向かって、匡平(横浜流星)がずっと我慢してきた気持ちをストレートに伝えた告白シーンだ。

2月3日節分。匡平18歳の誕生日であるこの日は、去年の塾合宿で、匡平が順子に告白の予約をしたまさにその日。順子やマイヤンメンバーらがサブライズで開いてくれたバースデーパーティーで久々に笑顔が弾けた匡平。パーティーの後、勉強する匡平の部屋に順子が訪れる。「私からプレゼント」と、節分の豆を匡平に渡す。赤鬼の面をつけた順子は、「ストレス解消に豆投げていいよ。ほらっ」と両手を広げて構えたのだ。

“18歳=大人になれば順子に告白できる”と、この日を待ちわびていた匡平は、順子に歩み寄り、鬼の面を取って

好きです。
好きです。
先生の事が好きです。

3度続けて「好き」という言葉を重ねた。さらに匡平が近づこうとすると、順子は慌てて鬼の面をもう一度つけ、「顔見せて」という匡平に、何も言わずただフルフルと大きく首を横に振った。それから鬼の面をつけたままの順子を匡平が抱きしめたのだが、ここでユリユリに歓喜の瞬間が!順子も匡平の背中に腕を回したのだ。そして、「絶対合格して」とだけ伝え、走り去った。


画面だけ見れば、鬼の面つけた女子に告白し抱きしめる、というかなり斬新なシーン。それでも、2人の演じたシーンは可愛くも愛おしさにあふれた胸キュンなシーンとなった。

視聴者からは、「ゆりゆりの告白、最高だった」「お面取るのも、告白するのも、ハグするのも全部に胸キュン」「平成最後の最高な告白シーン」「3回も言うなんてマジヤバイ~」「こんなに鬼のお面が胸キュンアイテムになるって凄くない????」「ここもう100回は観た」と大反響。何度も巻き戻してみたというコメントが多く見られた。また、「何だ、この可愛すぎる鬼」「深キョンの鬼がかわいすぎた」「世界一可愛い鬼」と深キョンの可愛さを絶賛する声も殺到した。


その後、春見のオペシーンという衝撃の展開で終わった「はじこい」も、次週はいよいよ最終回。どんな結末が待っているのか、楽しみに待つとしよう。



(C)TBS


【関連商品】


   


この記事の画像一覧 (全 4件)

関連記事

Md e7al7x1q94mcj9l5szo
横浜流星、背筋を初披露「意外にあるんだぞ」
芸能総合 4
Md tk2a7zhxr0tvn938mc1
『凪のお暇』中村倫也の“限界”と“本気”が最強すぎる「本当に同じ人?」
TV 4
Md jpn4hjt4k11nc1sviu2
『凪のお暇』“壊れそう”な中村倫也が「本気出してみる」
TV 8
Md w24dbuf7sp4u0x6mzqk
横浜流星 そっと手を…松岡広大がドキドキ「柔らかいね、手…」
映画・舞台 2
Md ofguurpp72rmwvysiw5
『いなくなれ、群青』横浜流星&飯豊まりえ完成披露舞台裏に完全密着
映画・舞台 6
Md pmgj1l220hxe82rgjs7
『凪のお暇』“毒親”片平なぎさが「上手すぎて怖い」と話題
TV 8
Md d02zf35yxmrik7nt1po
「凪のお暇」中村倫也“嫉妬クラクション”、感情むき出し無言演技の凄み
TV 40
Md wr02pugmzw6fe2z6y4d
横浜流星、公衆電話問題で同年代の飯豊まりえに「年齢さほど変わらないよ」と指摘される
映画・舞台 6