「二つの祖国」ビートたけし&笑福亭鶴瓶、A 級戦犯役で東京裁判を再現

TV 公開日:2019/03/12 4
この記事を
クリップ


【ビートたけし コメント】
――以前も東條英機を演じられていますが、今回再び演じてみていかがでしたか?
東京裁判は何度も見てるシーンだから、ちょっとね、やりやすいんだかなんだか…あまりに現物を見てるから、「本当に似てるかな」とそっちのほうを考えちゃいました。あと「なに言ってるわかんない」と東條が怒るシーンも、きっと一般の人も印象に残ってるから、自分が似てないと言われるのはやだなと。似てるのも変だけど(笑)。

――鶴瓶師匠と豪華共演となりましたね。
頭叩くのが鶴瓶って聞いて笑っちゃったんだよ!コントじゃないかと(笑)。でも見事メイクで違う人になってたからよかった。このシーンはちょっと面白そうだね。


【笑福亭鶴瓶 コメント】
――大川周明を演じてみていかがでしたか?
たけしさんが完全に東條英機だから、こっちも完全に乗り移ってやろうかなと思ってやりました。(たけしさんの頭を叩くシーンは)大川周明やから叩けるんですよ!たけしさん
は叩かれへん!でもお兄さん(たけしさん)喜んでましたよ、コントみたいって。一発パーン叩いて、えらい音がなったんですよ(笑)。


【リリー・フランキー コメント】
――東京裁判のみのご出演ではありましたが、演じられていかがでしたか?
若い頃に映画で観た『東京裁判』と同じ場所にいるというのが…自分がまさか東京裁判にいるというのが不思議でした。たった 1 日(の撮影)でしたけど、同じ日にたけしさん、
鶴瓶さんとご一緒できて、ちょっと二日酔いで来て体がだるかったんですけど、2 人のヅラを見た瞬間に体が元気になりました(笑)。実際にあった話なんですけど、あの 2 人で
やると実話を越えちゃいますよね。でもみなさんすごくいいもの作られている、そういうエネルギーに満ちている現場だったので出来上がりが楽しみです。

©テレビ東京


2/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)