「二つの祖国」ビートたけし&笑福亭鶴瓶、A 級戦犯役で東京裁判を再現

TV 公開日:2019/03/12 4
この記事を
クリップ

俳優の小栗旬が主演を務めるテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」(3月23日(土)、24日(日)ともに夜9時00分~11時24分にて2夜連続)に、ビートたけし笑福亭鶴瓶が出演することが発表された。

この作品は、発行部数250万部突破の大ベストセラーである、山崎豊子著「二つの祖国」を、民放で初めて映像化するもの。そして本作は「平成最後の山崎豊子ドラマ」となる。1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本を舞台に、歴史に翻弄されながらも、激動の時代を生き抜いた若者たちの、愛と奇跡の物語を豪華キャストで壮大なスケールで描くヒューマンドラマ。




主演は、テレビ東京ドラマ“初”主演となる小栗旬。日系二世で、ロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社「加州新報」の記者である主人公・天羽賢治役を熱演する。アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持つ賢治(小栗)と、ムロツヨシ演じる、アメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮。数々の作品で共演を果たしてきた小栗とムロが、これまでとは全く違うシリアスで微妙な人間関係を演じる。火花を散らすが如くの、バチバチの対立劇は必見だ。その他にも、超豪華俳優陣の共演が決定したことは既報の通りだが、本日新たな追加キャストが発表された。

陸軍軍人であり、戦後A級戦犯として起訴された元総理大臣・東條英機を演じるのは、芸人の顔を持つ一方、映画監督としても数々の作品を手掛け、役者としても数多くの話題作に出演、さらに「攻殻機動隊」『GHOST IN THE SHELL』(2017)などのハリウッド作品にも出演を果たしているビートたけし。テレビ東京のドラマでは、天才的破獄犯と闘う人情派看守・浦田進役を演じた『破獄』(2017)以来 2 度目の出演。実は、東條英機を演じるのも 2 度目となる。

そして、東京裁判では唯一民間人としてA級戦犯として起訴されたが、のちに釈放される思想家・大川周明を演じるのは、テレビ東京のドラマ初出演となる笑福亭鶴瓶。落語家の顔を持つ一方、役者としても日本アカデミー賞など受賞歴多数。今年7月には映画『アルキメデスの大戦』、11月には映画『閉鎖病棟(仮題)』の公開を控えている。

芸人としても俳優としても超大物の2人が、ドラマ後半の山場となる東京裁判に登場する。そして、ドラマの同じシーンで共演するのは、初めてとなる。A 級戦犯として起訴され、法廷で審理に臨む 2 人…、そしてここでは裁判中に大川が東條の頭を叩くという、衝撃のエピソードを忠実に再現したシーンも描かれる。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)