ドラマ&映画「明治東亰恋伽」に浪川大輔、岡本信彦、森川智之が声で出演決定

TV 公開日:2019/03/07 9
この記事を
クリップ

累計プレイヤー40万人以上を誇るタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム原作で“バブリーダンス”を披露して話題となり女優として活躍する伊原六花の初主演作品であるドラマ&映画『明治東亰恋伽』に原作ゲームの出演声優である浪川大輔(TVアニメ森鴎外役)、岡本信彦(TVアニメ泉鏡花役)、森川智之(TVアニメチャーリー役)が声の出演をすることが発表された。そして、3月13日からU-NEXTでオリジナルメイキングの独占配信、さらに、既報の明治村דめいどら”のコラボイベントを4月6日(土)から開催することが決定した。

浪川大輔(TVアニメ森鴎外役)、岡本信彦(TVアニメ泉鏡花役)、森川智之(TVアニメチャーリー役)役どころは主人公である綾月芽衣(伊原六花)に語り掛ける“付喪神(つくもがみ)” として声で出演する。彼らはドラマ各話に登場。ドラマ映画のナビゲーター役となる。





付喪神:蓄音機(声の出演)浪川大輔 出演コメント
長くやってきた「めいこい」が実写版のドラマと映画が製作されたと聞いて、最初はびっくりしました。「めいこい」はガラケーから始まりスマホへ、2.5次元の舞台の製作など、幅広く展開されてきましたが、実写版のドラマ、映画まで!!と思いました。これも皆さんが応援してくれたからこそだと思います。さらに、ドラマ映画からお呼ばれしまして、蓄音機役で出演することになりました。今までいろんな役をやってきましたが、本当にびっくりしています。蓄音機の役って皆さんどういうイメージがあるのかな、と思いますが、正直私も同じような感想を持ちました(笑)。出演するんだったら蓄音機の着ぐるみを着て出演したかったですね(笑)。少しでも皆さんの心に残せるよう、少しでもドラマ映画版のお力になれるよう一所懸命やらせていただきました。実写のめいこいもよろしくお願い致します。

付喪神:万年筆(声の出演)岡本信彦 出演コメント
実写版ドラマ映画の製作を聞いた時は「めいこい」も遂にここまで来たか…と思いました。乙女ゲーム原作で劇場版アニメを公開し、数多くのイベントも行い、しかも舞台もやってきて、今までここまでの展開をした乙女ゲームはない気がします。この作品に参加できたことは光栄だと思います。さらに、ドラマ映画版で声の出演の依頼を知って、さらにびっくりしました。僕の役は万年筆ですが、役のイメージを掴むのが難しく、いろんな声で演じてみました。結局、決まったのが、声優っぽいタイプの声でした。声優っぽさでは浪川さんにも負けますが(笑)。今までにない役だったので手探りでしたが、精一杯演じさせていただきました。是非、ご期待ください。

付喪神:懐中時計(声の出演)森川智之 出演コメント

ドラマ映画が製作されると聞いてびっくりしたのと同時に、長年「めいこい」に携わってきた僕もいちファンとして嬉しくなりました。ドラマに出演されている皆さんも頑張っていただいていると思いますので、実写でも「めいこい」の世界を再現してくれるだろうと期待しております。同時にドラマ映画サイドからなんと出演のご依頼をいただきました。僕がチャーリー役を実写で演じられるか不安になりましたが…でも、依頼されたのは芽衣ちゃんのお家の物置にある懐中時計の声の出演でした(笑)。この役は毎話ドラマに登場します。毎回どんな会話をするのか、ご期待してお待ちください。是非、ドラマ映画でも「めいこい」を楽しんでください。


© MAGES./LOVE&ART ©ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会



この記事の画像一覧 (全 5件)